• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

最初で最後!? マルコス・ヴァーリも参加するドリームバンドが日本で演奏

カシンとマルコスヴァーリ

スイス、レマン湖畔の街モントルーで1967年に始まった音楽の祭典、モントルー・ジャズ・フェスティバル。毎年7月の上旬から中旬にかけて行われるこのイベントには、例年25万人を超えるファンが足を運び、ジャズ、ロック、ブルース、レゲエ、ソウルなど、さまざまなスタイルの音楽を世界の一流アーティストたちが上演する。

今年で開催50周年を迎えるモントルー・ジャズ・フェスティバルの日本版「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」が10月7日(金)から3日間にわたり東京で開催される。「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン」の開催は、2015年に続き今年で2度目となる。

イベントのキービジュアルを担当するのは、世界的に活躍するファッションデザイナーで、モントルー・ジャズ・フェスティバルの創始者であるクロード・ノブス(2013年に逝去)が最も敬愛したデザイナーのひとりだという山本耀司。

絵画制作も行っている山本氏は、自身のパリコレクションにおいても若手画家とのコラボレーションを披露している。「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」のキービジュアルは、山本氏がコ2016年にコラボレーションを行った画家、朝倉優佳氏との共作となる。

そんな「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」では、ブラジル音楽も披露される。

10月8日(土)には、英国のDJジャイルス・ピーターソン率いるソンゼイラ・ライブ・バンドが登場する。

ジャイルス・ピーターソン

演奏するのは、2014年にリリースされた、ジャイルス・ピーターソンのアルバム「ブラジル・バン・バン・バン」を題材にブラジルを舞台に制作されたドキュメンタリー映画「ブラジル・バン・バン・バン ~ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて~」のレコーディング・メンバー+α。

バンドを構成するメンバーは、現在のブラジル音楽シーンを牽引する若手からベテランに至るまで、アンダーグラウンドシーンの立役者からスター歌手までが招集された。ジャイルス・ピーターソンとともにバンドのディレクションを担当したのは、プロデューサー、ベーシストのカシン。ベーシストとして演奏にも参加する。

ブラジルから参加する顔ぶれは、ボサノヴァの永遠の若大将マルコス・ヴァーリ、マルコスのショーや録音でおなじみの歌手パトリシア・アウヴィ、伝説的なクラリネット奏者パウロ・モウラを叔父に持つシンガーソングライターのガブリエル・モウラ(ドキュメンタリー映画「モロ・ノ・ブラジル」で注目された)、サンバ界の重鎮のひとりマルチーニョ・ダ・ヴィラの娘にして、ピアニスト兼ボーカリストのマイラ・フレイタス、ジョルジ・ベンジョールのバンドでも活躍するキーボード奏者のダニーロ・アンドラーヂ、そしてカシンがプロデュースも手掛ける大所帯バンド、オルケストラ・インペリアウでも活躍するゼロ(パーカッション)とステファン・サンフアン(ヴォーカル、ドラムス、パーカッション)。

英国からは、スモーク・シティ~ダ・ラータなど英国発ブラジル音楽ユニットでも知られる在英ブラジル人歌手ニーナ・ミランダ、元ガリアーノのロバート・ギャラガー(ヴォーカル)が参加する。

ジャイルス・ピーターソンのプロジェクトから実現したこの”ドリームバンド”による演奏は、今回がワールドプレミア。そして今回が最初で最後の演奏かもしれない。

「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016」は17時開場、18時開演、ソンゼイラ・ライブ・バンドのライブは20:45頃~予定。会場は恵比寿ザ・ガーデンホール(東京都目黒区三田1−13−2)。前売り券:10,000円、当日券:11,000円。入場者制限:未就学児童入場不可。問い合わせはキョードー東京 0570-550-799(平日 11:00~18:00/土日祝 10:00~18:00)。

ブラジル バンバンバン

また、バンドを生むきっかけとなった映画「ブラジル・バン・バン・バン:ザ・ストーリー・オブ・ソンゼイラ~ジャイルス・ピーターソンとパーフェクトビートを探しもとめて」も、ソンゼイラ・ライヴ・バンドの来日を記念して恵比寿ガーデンシネマで現在、上映されている。上映はライヴ当日の10月8日(土)まで。8日(土)にはジャイルス・ピーターソンによる舞台挨拶もある。

恵比寿ガーデンシネマ:http://www.unitedcinemas.jp/yebisu/index.html
映画公式HP: http://brasilbambambam.jp/index.html
来日バンドに関して:http://arban-mag.com/news_detail/223
アルバムに関して:http://www.universal-music.co.jp/gilles-peterson/products/uccu-1438/
モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2016:www.montreuxjazz.jp

(文/麻生雅人、写真上/Divulgação via 「O Globo」、写真(中、下)提供/ヴィジュアルノーツ、シャ・ラ・ラ・カンパニー)
写真上はカシン(左)、マルコス・ヴァーリ(右)

■関連記事
サンバ100周年を祝って、「SAMBA100年の歩み」イベント開催
ミス・インターナショナル各国代表が世界大会に向けて来日。ブラジルのマノエラ・アウベスさんも来日予定
浅草サンバカーニバル2016 S1リーグ 写真集
ヴィラ・イザベウ、2017年のカーニバル出場に赤信号
7年ぶり! 6度目の開催「ブラジルフェスタ札幌」

このエントリーをはてなブックマークに追加