• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロの巨大クリスマスツリー、点灯

サンパウロ ツリー クリスマス

グローボ系ニュースサイト「G1」が11月26日(土)づけで伝えたところによると、同日、サンパウロ市内のイビラプエラで、巨大クリスマスツリーの点灯式が行われたという。

点灯式はブラジルが夏に向かうこの時期の恒例行事で、会場には何百人もの観客が詰めかけた。

観客は26日の午後から、ツリーに点灯するキャラバンを率いたサンタクロースの到着をツリーの近くで待っていた。点灯式では花火が上がり、人口の雪も添えられた。

クリスマスツリーの高さは35メートル、直径は16メートルで、てっぺんには8メートルの星が飾られている。高さは2015年と同じとのこと。同公園の歴代ツリーでは最も低いツリーとなっている。

ツリーはイビラプエラ公園の10番ゲートの前にあるアウド・シオラット広場で組み立てらてた。2002年に50メートルのツリーがお目見えしてから今年で15年目を迎える。

50メートルから始まり、年を経てどんどん高くなり、2008年と2009年には70メートルにまで達した。その後は68メートル(2010年)、58メートル(2011-2013年)、54メートル(2014年)、35メートル(2015-2016年)と徐々に低くなっていった。

クリスマスツリーは民間企業の協賛により運営されているが、ツリーの根元にはこれから高さ2.5メートルの人工雪玉が飾られるとのことだ。訪れた人たちは雪の飾りつけに入って写真を撮ることができる。

この記念撮影は週末、18時から23時まで行われ、4200人の来場を見込んでいる。クリスマスイブとクリスマスには10時から16時まで開放される予定。

(文/原田 侑、写真/Divulgação)

■関連記事
サンバ100年を記念してドンガ資料館がオープン
ギャンブル法案、上院で審議へ。ブラジルにカジノ誕生へ前進
保見団地の日々を綴ったドキュメンタリー写真集、発売に
遺伝学者によるブラジル人種論の新展開
週末の楽しみ、シュハスコが地球温暖化に影響!?

このエントリーをはてなブックマークに追加