• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの実質金利、世界最高のまま年越しか?

高金利 ブラジル

TVグローボが12月16日(金)、報道番組「ボン・ヂーア・ブラジル」で伝えたところによると、ブラジル政府の種々の金利引き下げ政策にもかかわらず、インフレ調整後の実質金利は世界で最も高い水準のまま推移しているという。

インフィニティ社の調査によると、世界の高金利ランキングでブラジルの実質金利は8.53%でダントツの1位だ。

2位ロシア(4.56%)、3位コロンビア(3.51%)を大きく引き離している。経済状況がブラジルと似ていると思われているチリの順位は11位だった。

経済活動活性化のための政府の金利引き下げ努力は、現段階では低金利を求める層には届いていない。ブラジル中央銀行は10月、11月と続けて政策金利(Selic)引き下げを行ったが、その恩恵は消費者レベルにまで達していない。

エコノミストの見解では、銀行は個人貸付や分割払い金利の引き下げには慎重だという。雇用情勢や賃金水準を見る限り、まだ経済危機を脱しておらず、個人への与信には慎重にならざるを得ない。

経済の活性化には個人事業主・中小企業向けの小口の貸付や個人向け分割払い、クレジットカード金利が下がることが不可欠。しかしながら、いまだに金利低下の恩恵をなかなか感じれない状況だ。

全国経営財務会計エグゼクティブ協会(ANEFAC)の調べによると、クレジットカード金利は10月の457.21%からむしろ上昇し、11月には459.53%となっている。銀行借り入れ利息は少し下がり、10月の4.68%から11月は4.62%となった。

ブラジル政府は小口貸付やクレジットカード金利の低下に向けて包括的な政策を検討するとしている。支払を適時行っている借入人・カード利用者には低減金利を適用できるようにする、加盟店手数料負担を軽くする、などの案が出ているという。

(文/余田庸子、写真/Marcos Santos/USP Imagens)

■関連記事
「世界28ヶ国 有給休暇・国際比較調査2016」
有給消化率、日本は50%で最下位、ブラジルは100%

2016年のお酒のヒット、キーワードは「クラフトビール」と「チョイ飲み」。ブラジル産も流行に貢献!?
サンタの家、路上に敷設された視覚障がい者用ブロックを塞ぐ
「人気上昇中の観光地」番付、世界3位に輝いたブラジル北東部の楽園とは
ミス・ブラジルは「星の王子さま」がお好き

このエントリーをはてなブックマークに追加