• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロでオノ・ヨーコ展開催。レノンが参加した映像も公開

ヨーコ・オノ レノン

グローボ系ニュースサイト「G1」が4月1日づけで伝えたところによると、同日よりブラジル、サンパウロ市のInstituto Tomie Ohtake(トミエ・オオタケ協会)で企画展「O céu ainda é azul, você sabe…(空はまだ青い、知ってるかしら・・・)」が始まったという。

企画展は政治と社会に関わる芸術家としてのオノ・ヨーコの作品群を紹介。キュレーターはオノ・ヨーコに関する著作もあるアイスランド出身のガナー・B・クヴァラン氏。

展示は全部で65のインスタレーションで構成されている。それぞれ、来場者がそこにかかわることで完成する作品だ。例えば、1955年に制作された「Lightning Piece(着火のためのピース)」は、来場者がマッチに火をつけ、消えるまで見届けるというものだ。

会場では何種類かフィルムが上映されるが、うち2つにジョン・レノンが登場する。1969年の作品「レイプ」はジョンとともに制作され、1970年作の「自由」ではトレイラーにジョンの名前がある。

ニューヨークのカーネギーホールで1964年に発表された、このアーティストの最も有名な作品もフィルムに収められている。この作品は、来場者がアーティストが来ている洋服の一部を切り取って持ち帰ることができるというものだ。

展覧会の入場料は12レアル(約460円)(各種割引後は6レアル、約230円)。10歳までの子供、体が不自由な方は入場無料。

当企画展は4月1日から5月28日まで開催。

Instituto Tomie Ohtake(トミエ・オオタケ協会)
Av. Faria Lima 201 – Complexo Aché Cultural
(Entrada pela Rua Coropés 88) – Pinheiros SP –

http://www.institutotomieohtake.org.br/

(文/原田 侑、写真/Divulgação via G1)

■関連記事
駐日ブラジル大使館に「トミエ・オオタケ・スペース」がオープン
ブラジルを代表する造形作家トミエ・オオタケ(大竹富江)さん、101歳で永眠/
ブラジルの写真家クリスチアーノ・マスカーロ展、4月7日まで開催
ジーコとJリーグの村井理事長、シャペコエンセ会長らと会談
2017年サンバカーニバル美女ダンサー、パフォーマー写真集SP編

このエントリーをはてなブックマークに追加