• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

カンドンブレーと構成主義に多大な影響を受けたフーベン・ヴァレンチン作品展、開催される

フーベン・ヴァレンチン カンドンブレー

ブラジルの構成主義の巨匠のひとりフーベン・ヴァレンチンの作品展「信仰と構成主義」が、ブラジリアのカイシャ文化センターで3月14日から5月28日まで開催された。

フーベンはキャリアの初期には抽象的な作品を手掛けていたが、1950年代からアフリカ系ブラジル、特にカンドンブレーの文化に傾倒した。

フーベン・ヴァレンチン カンドンブレー

展覧会では、バイーア出身であるフーベンの作品のうち、1960年代にブラジリアを拠点としていた時代の作品を中心に、絵画や彫刻など60点を展示した。

「フーベンはここブラジリアで数多くの作品を創作し、そのどれもが実に近代的な美学を持ったものでした。ブラジリアのモダンな空間に、ブラジルとアフリカのルーツを示す美を持ち込みました」(アントニオ・ビアンショ教授)

キュレーションを担当したのはマルクス・ジ・ロントラ・コスタ。相続人や個人所有作品、公共所有作品から作品が選ばれた。

フーベン・ヴァレンチン カンドンブレー

(文/麻生雅人、写真/Fabio Rodrigues Pozzebom/Agência Brasil)

■関連記事
カイピリーニャのトラディショナル・スタイル・レシピ
ネイマールが主宰するブランドを扱うショップもオープン。オリパラは終わってもブラジルをコンセプトにした店、続々と
ブラジルの国民酒「カシャッサ」とは何か<1>カシャッサはブラジルの法律で定められたのみもの!?
国際シンポジウム「リオから東京へ 建築がつなぐオリンピックと都市計画」開催される
ステファン・ドイチノフが再構築する、ブラジル各地の信仰や伝説

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事