• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの起業家たちの合言葉は「スマートマネー」

スマートマネー

一般的に先見の明のある投資家の投資資金(投資を行うことで積極的に将来性のある企業を育てようとするための資金など)のことを「スマートマネー」といわれる。

そのスマートマネーが、ブラジルの起業家から熱い視線を送られているようだ。

TVグローボが6月18日、経済情報番組「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」で伝えたところによると、事業のメンター的コンサルティングがついてくる点が起業家にとって「スマートマネー」の最大の魅力だという。

コンサルティングの内容は事業戦略、広報、ネットワーキング、ソフトウェアの活用などが中心となっている。

スタートアップ段階の起業家に資金とノウハウを授けてくれるスマートマネー。では起業家は具体的にどのようにスマートマネーを活用しているのだろうか。

アグロビジネス用ソフトウェア会社「ボブ・コントロール(Bov Control)」を設立したダニーロ・レアゥンさんはスマートマネーを運用する投資家のホドリゴ・ボルジェスさんから支援を受けているが、ホドリゴさんは主にビジネスの中でソフトウェア、アプリの活用についてのコンサルティングを行っている。

ダニーロさんの事業は牧場管理用アプリの開発・発売で、自らの事業の需要についてこう語っている。

「牧場は通常、街から離れた場所にあり、持ち主や管理をする人間が近くに住んでいるとは限りません。敷地も広く、状況を素早く把握するのは結構大変です。このアプリを使うと、リアルタイムで牧場の様子が手のひらの上でわかるのです。牧場内のカメラを使ったり従業員に指示を出して写真を送ってもらいつつ、その写真が牧場のどこで取られたかについても瞬時にわかります。従業員の始業、就労の状況などもモニターできます」(ダニーロさん)

ダニーロさんはホドリゴさんからいくらの支援を受けているかは明かさなかったが、ホドリゴさんのコンサルティングを受けるのはだいたい週に1度くらいだという。

「適切な人と出会えれば、自分たちはゴールネットの前に来たも同然です」(ダニーロさん)

スマートマネー投資家は起業家とのかかわり方について次のように語っている。

「私たちは主に起業家の事業戦略に対してアドバイスを行います。事業の目的、攻めるべきマーケットについて一緒に考えます」(ホドリゴさん)

ダニーロさんはソフトウェアを売り出すにあたって、零細農家でも活用できるよう、アプリの仕様についてのアドバイスを受けた。

「スマートフォンを使い慣れていない人に最新のツールを使ってもらうにはどうするか、という課題がありました。簡素化こそがこの分野で抜きん出る方策だという結論でした」(ホドリゴさん)

ホドリゴさんのようなスマートマネー投資家に出会うにはどうすればよいのか?インターネットでスタートアップ起業家の協会やマッチングサイトを探して、そこに参加するのが一つの方法だ。コワーキングスペースで人脈を作るのもありだ。

とはいえ、起業家があらかじめ肝に銘じておくべきこともある。

「スマートマネー投資家から援助を受ける早道は、彼らと直接接触することですが、彼らからの資金調達は緊急の事業資金を調達するには向いていません」(ホドリゴさん)

投資に至るまでには、審査、信頼関係の構築など、ある程度の時間が必要なためだ

ホドリゴさんの運営する投資会社、ドーモ・インベストは1億レアル(約35億円)のスマートマネー投資ファンドを立ち上げた。投資対象はソフトウェアで事業ソリューションを提供するスタートアップ企業、とのことだ。

「このファンドはだいたい20社ぐらいに2年間投資していくスケジュールになっています。案件ごとの投資額は150万~300万レアル(約5200万円~1億500万円)を想定しています」(ホドリゴさん)

ホドリゴさんのファンドから出資を受けたい場合はドーモ・インベストのサイトから直接コンタクトをとることができる。

スマートマネーはダニーロさんの事業を格段に進化させた。牧場管理アプリはすでに3万の牧場で採用されている。販売は毎週5%ずつ増加しているという。

「2017年末までに契約者数を6万まで増やしたいと考えています。スマートマネーの活用で指数関数的な成長を今後も続けていきたいです」(ダニーロさん)

ブラジルの強みの一つは「個」の力だが、ブラジルでのスマートマネーの登場はダニーロさんのような強烈な「個」を支えていく資金インフラに厚みが出てきたことを示している。

長引く不況で起業に厳しい環境が続いていたが、スマートマネーが不況からの脱却を先導する存在になるかもしれない。

ドーモ・インベスト(DOMO INVEST)
Rua Iguatemi, 192 Conj. 61 – Itaim Bibi
São Paulo/SP – CEP: 01451-010
電話: (11) 2640-5006
ウェブサイト: http://www.domoinvest.com.br/pt/home/
Email: contato@domoinvest.com.br

ボブ・コントロール(BOV CONTROL)
Av. Engenheiro Luis Carlos Berrini, 1748 – 20º andar
São Paulo/SP- CEP: 04571-000
電話: (11) 5103-0963
Email: hello@bovcontrol.com

(文/原田 侑、写真/Reprodução/「Pequenas Empresas & Grandes Negócios」/TV Globo)
写真はTVグローボ「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」より。TVグローボ系列の番組はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴の問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで

■関連記事
ブラジルの農作物収穫支援予算は6兆6500億円
ブラジルでも、オフィスにゲーミフィケーションを取り入れる企業が増加
シェアードオフィスならぬシェアードスクール!? 不況下のブラジルで新業態
求職活動で重視されるのは…。日本は給与、ブラジルは昇進の機会
ブラジルで空前の起業ブーム到来!?  勤続期間補償基金が一時的に引き出し可能に

このエントリーをはてなブックマークに追加