• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

今年のカジュー(カシュー)収穫高は?

カシューナッツ

日本ではインド産が多くみられるカシューナッツだか、ブラジルでも多く生産されている。

ブラジルでは「カスターニャ・ヂ・カジュー(カジューのナッツ)」と呼ばれ、産地は主に北東部。ナッツ部分だけでなくその上についたオレンジ色の実の部分(カジュー)も、ジュースにするなど食用として流通している。

グローボ系ニュースサイト「G1」が8月20日づけで伝えたところによると、今年はそのカジューおよびナッツが豊作だという。

昨年までの5年間、水不足による不作が続いた後だけに、産地のセアラー州では農家は胸をなでおろしている。

セアラー州都フォルタレーザ市から64キロ離れたベベリビ市に40ヘクタールの農場を持つアシスさんは昨年も干ばつに苦しんだ。しかし今年は状況が違った。実が育つ時期にちょうど雨が降り、今年の収穫高は昨年の40%増しとなった。

現在の取引価格は20キロ入り1箱が30レアル(約1000円)程度で昨年同時期よりもずっと高い。IBGE(ブラジル地理統計院)によると、今年のカシューナッツの収穫量はセアラー州だけで4万2000トンを見込んでおり、昨年の37%増しとのことだ。

セアラー州はブラジルでカシューナッツの生産量第1位で、国内の生産量の40%を占める。

(文/原田 侑、写真/Reprodução/「Globo Rural」/TV Globo)
写真はTVグローボ「グローボ・フラウ」よりカジュー農場。TVグローボ系列の番組はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴の問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで

■関連記事
第36回浅草サンバカーニバル S1リーグ写真特集<3>
第36回浅草サンバカーニバル S1リーグ写真特集<2>
第36回浅草サンバカーニバル S1リーグ写真特集<1>
第35回浅草サンバカーニバル S1リーグ写真特集
神戸でトゥッカーノとシマスカンクの赤ちゃん生まれる

このエントリーをはてなブックマークに追加