ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

労働者党の時代にひと区切り。ブラジル地方選で社会民主党が躍進

ブラジル歴代大統領

<近年のブラジル大統領と所属政党>
1995年1月~2002年12月:エンヒッキ・カルドーゾ(ブラジル社会民主党:PSDB)
2003年1月~2010年12月:イナシオ・ルーラ(労働者党:PT)
2011年1月~2016年8月:ジウマ・ルセフ(労働者党:PT)
2016年8月~:ミシェウ・テメル(ブラジル社会民主党:PSDB)

ルーラ大統領以降、ブラジルは左傾化を強めていたとされるが、この数年は、揺り戻しの傾向がみられる。

リオデジャネイロ市の市長選では、ブラジル共和党(PRB)のマルセロ・クリベラ氏が当選した。同党が州都の首長選に勝利するのは初めてという。クリベラ氏は、ペンテコステ派の神の王国のユニバーサル教会の所属とされる。英「ガーディアン」紙は、「司教(ビショップ)がリオ市長に。ブラジルの宗教右派が進撃」と報じた。

マルセロ・クリベラ リオ市長 ブラジル共和党(PRB)

サンパウロ市長選では、ブラジル社会民主党(PSDB)のジョアン・ドリア氏が当選した。ドリア氏の当選で、同じPSDBに所属するサンパウロ州のジェラウド・アウキミン知事が影響力を強めるとみられている。アウキミン氏は、2018年の次期大統領選の有力候補のひとりとされている。

(文/小島寛明、写真上/Lula Marques/AGPT、写真下/Fernando Frazão/Agência Brasil)
写真上はブラジリア、大統領府の歴代大統領の写真。下段、真ん中がエンヒッキ・カルドーゾ元大統領、右がルーラ元大統領
写真下は10月30日、リオデジャネイロ。リオ市長に選ばれたマルセロ・クリベラ氏(ブラジル共和党:PRB)

■関連記事
サンパウロ州知事選候補がテレビ討論。ジェラウド・アウキミン現知事、他候補に治安問題で激しく挑まれる
サンパウロの住宅街にヘリコプターが墜落。アウキミン州知事の子息が事故死
北東部の雨不足、水力発電にも影響
ブラジルで学生による格安ビジネスコンサルが好評
ブラジル中流階級の若者犯罪集団、偽札をネットで売買

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加