ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

2021年のリオのカーニバル、中止も視野に

新型コロナウィルス感染症のパンデミックが依然、猛威をふるっているブラジルでは、2021年のカーニバル(カルナヴァウ)の日程に関して、サンパウロ市とサウヴァドール市が延期を発表している。

、“リオのカーニバル”の呼び名で日本でもおなじみの大規模なコンテストパレードが開催されることでもおなじみのリオデジャネイロ市では、市政府からは公式の日程調整のアナウンスは未だ行われていないが、8月27日(木)、エスコーラ・ヂ・サンバ独立連盟(LIESA)のジョルジ・カスタニェイラ代表は、2021年は7月への延期も実現は困難だと語ったという。「Veja Rio」、「UOL」など現地メディアが伝えている。


続きを読む

ブラジル各地で2021年のカーニバル日程延期へ。サウヴァドール市は7月開催

バイーア州サウヴァドール市のACMネト市長が8月17日(月)、2021年のカーニバル(カルナヴァウ)の開催時期を7月後半に延期すると発表したと、現地メディア「UOL」や「コヘイオ・ブラジリエンシ」が伝えている。

カーニバルは、復活祭(春分を基点とし、春分後最初の満月の次の日曜日)から47日前の火曜に行われるため、毎年開催日は移動する。2021年はこの規準通りだと2月16日となる予定だが、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが未だ終息しないブラジルでは、各都市で開催時期の延期が検討されている。


続きを読む

新型コロナウイルス感染拡大、復活祭(パスコア)の卵型チョコレート市場にも影響

新型コロナウイルスのパンデミックは、ブラジルで、お菓子とチョコレートの市場が1年で最も忙しい時期のひとつであるパスコア(復活祭、イースター)の季節の経済動向にも影響を及ぼしている。現地メディア「ヴァロール」、「エザミ」、「トリブーナ」などが伝えている。


続きを読む

ブラジルの教会で、新型コロナウイルス感染対策で「“ドライブスルー”告解」や「“無教徒”ミサ」行われる

ブラジルのサンタカタリーナ州北部にあるサンフランシスコ・ド・スウ市にある聖母アパレシーダ教区のファビオ・ボスコ神父が、“ドライブスルー”による信徒の告解の対応を始めたと、現地メディア「G1」が伝えている。

新型コロナウイルス感染対策のガイドラインに沿った形で宗教的な習慣を維持するために行われているという。


続きを読む

ブラジルフェスティバル2019の来日ゲストはヘナート・ブラス、アンドレア・アモリン、3団体のハイーニャ・ヂ・バテリア

7月20日(土)と21日(日)に東京・代々木公園で開催される「ブラジルフェスティバル2019」の来日ゲストや出演者が発表された。

ブラジルからはヘナート・ブラス、アンドレア・アモリンと、リオデジャネイロのエスコーラ・ヂ・サンバ3団体のハイーニャ・ヂ・バテリア(打楽器帯の女王。サンバ・カーニバルのパレードで、主に打楽器隊の前で踊るダンサー)が出演する。


続きを読む