ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの毛糸刺繍「タペサリア」の講座が開講に

よみうりカルチャー大森(東京都・JR大森駅直結アトレ6階)は、今秋よりブラジルの毛糸刺繍「タぺサリア」の講座を開講する。

講師を務めるのは、毛糸刺繍をはじめソーイングや革細工、石膏の絵付けなど、ブラジルの人々に楽しまれているハンドメイド事情を紹介した「ブラジルの手しごと」(メイツ出版)の著者、小宮華寿子さん。


続きを読む

ビーチサンダルでおなじみのハワイアナスがサングラスを発売

ビーチサンダルでおなじみのブラジルのアパレル・メーカー、ハワイアナスが、ビーチウェアやカジュアルウェアに続きエスパドリーユやアイウェア、ゴム長靴など、扱うアイテムを広げている。

ハワイアナスが初めてカジュアルウェアやビーチウェアをファッションショーで披露したのは2014年5月(2015年春夏コレクション)のこと。サンパウロのオスカーフレイリ店やリオデジャネイロのショッピングレブロン店などで展開してきた。


続きを読む

マルイファミリー溝口でブラジルフェア「Paraíso Tropical ~トロピカルな楽園~」開催

マルイファミリー溝口(川崎市高津区)で、水着やオリンピックグッズなどを中心としたブラジルフェア「Paraíso Tropical ~トロピカルな楽園~」が開催される。

同イベントでは、水着を中心にリオのイメージである”ビーチライフ”をリアルに伝える直輸入アイテムが並ぶ。


続きを読む

ディスクユニオンがブラジル関連書籍を集めたブックフェアを開催

ブラジル音楽ファンでこちらのお世話になったことがないという人はおそらくいないディスクユニオンが、リオデジャネイロオリンピック開催直前企画として「diskunion presents.. 「ブラジルを読む」 ブラジル本特集」を7月29日(金)からスタートさせた。


続きを読む

リオのコパカバーナ海岸に五輪のオブジェ、設置される

ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、アジア、オセアニアの五大陸の、相互の結びつきや連帯を意味しているという五つの輪で形作られたオリンピックのシンボルマーク。

7月21日(木)の朝、リオデジャネイロのゾナスウ(市の南部)にあるコパカバーナ海岸に、この五輪のシンボルのオブジェが飾られた。現地メディア「G1」(同日づけ)が伝えている。


続きを読む