• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル政府当局は「ワールドカップで観光客が空港問題に直面することはない」

critibaaeroportoafonsopena001

ブラジル政府は予定されていた全てのアップグレード工事に関して未完の部分が多いにも関わらず、ワールドカップのために訪れる観光客が空港で問題に直面することはないというメッセージを発信していると、「FOXスポーツ」(5月20日づけ、電子版)が伝えている。

この主張は頼もしい限りだが、本当に心配はないのだろうか。

Wellington Moreira Franco ウェリントン・モレイラ・フランコ大統領府民間航空局長は、ワールドカップの観光客を受け入れる準備は終了しており、重要なプロジェクトに限ってはすべて完成すると、 AP通信とのインタビューで明かした。

「私は観光客がまったく心配しなくなるだろう」と、フランコは述べたという。

前日には、ルセフ大統領が毎週放送しているラジオ番組を利用して、空港が準備をほぼ完了している状態だと保証した。

懸念を軽視する政府の試みは、W杯トーナメントが始まる3週間前にして、問題としてやって来る可能性があることを「FOXスポーツ」は指摘する。最近起こった問題としては、月曜日に降った大雨で、熱帯雨林に近い都市マナウスの空港の集客ターミナルで大洪水が生じた。旅行者を動揺させ、空港関係者には幾つかのエリアを仮に閉鎖させる事態となった。

ただし、近年たびたび報告される大雨などによる被害は自然環境の大きな変化が原因で予測不可能な事態であり、必ずしもインフラ整備の遅延のせいではないとの見方もある。

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加