• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

日本で初めてワールドカップを生中継したテレビ局は!?

1974年ワールドカップ トロフィー

日本で初めてワールドカップの生中継が放送された日を覚えていらっしゃる方は50代半ばの人生を送られていると思われます。今年54歳の私自身、日本で初めてのワールドカップ中継を40年前、中学生のサッカー小僧として眠い目をこすり大興奮で観ていたからです。

1974年、西ドイツ大会の決勝戦が日本で初めてのワールドカップ生中継でした。

対戦カードは西ドイツ対オランダ、西ドイツはベッケンバウアー、ゲルト・ミューラー、オランダは当時トータルフットボールと呼ばれたシステムの中央に君臨するヨハン・クライフ。普段は雑誌でしか見たことのない選手を映像で観れた喜びは、今でも鮮明に記憶の中に映像が蘇ります。

日本でこの試合を放送したのは、どこの局だと思われますか?

NHKではありません。当時、東京12チャンネルという名称だった、テレビ東京です。意外ではないですか?

しかし、当時の事情を知れば、“らしいな!”と思われると思います。他局はこの日、選挙の開票速報を放送していたのです。

今から40年前でも、選挙速報を横目にサッカー中継を放送している東京12チャンネルの姿、今の同局にも受け継がれているのですね。

テレビ東京は今回のブラジル大会では5試合の中継しかありませんが、予選リーグの放送カードはコロンビアVSギリシャ、チリVSオーストラリア、イタリアVSウルグアイ、ナイジェリアVSボスニアヘルツェゴビナとそれぞれ予選リーグが進むうちに、ポイントとなるチームが入っていました。

そして決勝トーナメントの中継は7月5日の準々決勝一試合ですが、これ64年前のマラカナンでの決勝戦の再現カード、ブラジルVSウルグアイ戦となる可能性も秘めています。

このカード、是非、テレビ東京の放送で観たいのものです。ブラジル人サポーターは嫌がると思いますが。

(文/石原聖士、写真/Getty Images)
1974年ワールドカップ、トロフィーを手にするモデルさん

■関連記事
日本対コロンビア戦の決戦地クイアバの日本食事情
美人サポーター大集合! スタジアムでみかけた美人編その2
本場流シュハスコからマテ茶まで。ポルトアレグリではガウーショ文化体験キャンプを開催中
ドラマが毎日決まった時間に始まらないのはテレビ局の戦略!? ブラジルのテレビ事情(2)
日本戦、2戦目ではブラジル人サポーターもごみ片づけに参加

このエントリーをはてなブックマークに追加