• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

70年代後期のディスコ文化を描いたテレノヴェラ「ブギウギ」始まる

ブギウギ

テレビグローボの夕方6時代のテレノヴェラ(連続テレビドラマ)で、1970年代のディスコ全盛期を舞台にした「Boogie Oogie(ブギウギ)」がスタートした。

現在ブラジルのポップスシーンではソウルミュージックやR&Bなどブラックミュージックが人気を得ている様子だが、アナログレコードのブームと共にディスコ文化も再評価されているようだ。他局のTVヘコールも2013年~2014年5月にかけて、やはり70年代のディスコ文化を背景にしたノヴェラ「Pecado Mortal(ぺカード・モルタウ)」を放送したばかりだ。

そんなこともあり、「ブギウギ」は放送前からブラジル国内で「ぺカード・モルタウ」のパクリだと、SNSなどで指摘されていた。ネット上では、“「ブギウギ」は「ぺカード・モルタウ」の第二シーズン”と揶揄するコメントもあった。

どちらの番組でも70年代にディスコでヒットした曲が流れるが、「ブギウギ」の番組宣伝トレイラーで使われていたシェリル・リンのヒット曲「ゴット・トゥ・ビー・リアル」が、「ぺカード・モルタウ」でも劇中で使われていた曲だったことから、”パクリ説”が広がったようだ。

しかし、当のグローボはそんな噂には素知らぬ顔の様子。「ブギ・ウギ」がどこまで「ぺカード・モルタウ」を意識したか、あるいはしていないのかは定かではないが、少なくとも「ブギ・ウギ」はオリジナルストーリーによるドラマだ。

舞台となるのは1978年。物語の中心となるのはリオデジャネイロ市南部(ゾナスウ)、「ブギウギ」という名のボアッチ(ナイトクラブ)だ。

この当時はまだ軍事独裁政権下だが、民主化へ少しづつ向かいはじめていた時代。このドラマでは、“自由という新しい概念を祝うかのようにディスコミュージックがフロアに鳴り響く”という設定で、ディスコを描いているとのこと。

(文/麻生雅人、写真/Camila Camacho/TV Globo)
「Boogie Oogie(ブギウギ)」は日本ではTVグローボインターナショナル(スカパー! Ch.514)で8月5日(火)放送スタート(月~金、18時45分ころより)。問い合わせはスカパー!。番組HPはhttp://www.ipctv.jp/。

■関連記事
ブラジルの人気テレビ司会者ジョー・ソアーリスが入院
ドラマが毎日決まった時間に始まらないのはテレビ局の戦略!? ブラジルのテレビ事情(2)
4000本以上の桜が魅了! サンパウロのお花見
サンパウロにメガ教会「ソロモンの宮殿」誕生
リオデジャネイロにコンドームの塔、そびえ立つ

このエントリーをはてなブックマークに追加