• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

水不足を受けてサンパウロ水道公社に対する調査委員会発足へ

カンタレーラ水系のダム

聖市市議会は6日、カンタレイラ水系の水不足問題に関し、サンパウロ水道公社(SABESP)を相手取った議会調査委員会(CPI)を発足する提案を賛成多数で可決した。7日付伯字紙が報じている。

この提案は、10月の知事選にも出馬するラエルシオ・ベンコ市議(人間主義連帯党・PHS)の提案によるもので、労働者党(PT)と民主運動党(PMDB)の市議の支持を得、過半数(28票)を超える30票の賛成を得て可決された。

この投票に唯一賛成票を投じなかったのは、ジェラルド・アウキミン聖州知事の所属する民主社会党(PSDB)の議員のみだった。

同党リーダーのフロリアーノ・ペザーロ市議は「CPIの設置を知事選のために政治利用しようとしているだけだ。CPIの設置は上半期にも提案され、そのときは却下していたくせに」としてPTとPMDBの議員たちを批判した。

PTからはアレッシャンドレ・パジーリャ氏、PMDBからはパウロ・スカッフィ氏がアウキミン知事の対抗馬として出馬する。

こうした批判に対し、ベンコ市議は「水不足は現在の議会でもっとも話し合われるべき問題」と語り、「CPI設置は2013年にも提案してきた。私は議員としてやるべきことをやっているに過ぎない」と主張した。CPIの委員長に選ばれた同市議は「SABESPだけでなく一般社会の声も聞く」とし、「魔女狩りではなく、問題解決のための議論がしたい」との意向を表明した。

昨日付本紙でも掲載したように、アウキミン知事は給水制限に踏み切らない理由のひとつとして「市民の節水努力により、既に給水制限を実施しているのと同様の結果を出しているから」と答えている。

7日付エスタード紙によると、SABESPは今年1月に給水制限を含む対策案を提示したが、聖州政府がこれを却下。2月になって節水奨励制度が発表されたという。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Fernanda Carvalho/Fotos Públicas)
7月29日、カンタレーラ水系に関係するジャグアリダム(ヴァルジェン市)。SABESPは抜本的な改革の必要性を訴えている

■関連記事
エイボンも電商取引開始、新製品のLuxeに限定して
2016年リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピックのトレードマーク公表される
サンパウロの水不足深刻に。未開水域の貯水も解放へ
サンパウロで史上最悪の記録的な干ばつ。ビール生産にも影響か
安倍首相が中南米歴訪の最後に語った将来への約束

このエントリーをはてなブックマークに追加