• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ボルト、リオでファヴェーラの子どもたちと交流

ボルトと子どもたち

8月17日(日)、リオデジャネイロのレミ海岸で開催された100m走のエキシビジョンレース「マノ・ア・マノ(ハンド・トゥ・ハンド)」大会で、見事優勝を飾ったジャマイカ出身のボルト。

その前日の8月16日(土)、曇り空の下でほとんど人がいなかったレミ海岸では、ボルトがリオのファヴェーラの子どもたちに囲まれていた。現地メディア(「エスタダォン」同日づけ)が伝えている。

この日、ボルトは、大会のスポンサーが用意したイベントとして、リオ市西部にあるシャクリーニャというファヴェーラで支援活動を行うNGO団体「プロジェクト・ミラトゥス」が主催したファヴェーラの子どもたちとの交流会に参加した。

同団体はシャクリーニャの子どもたちにバドミントンやサンバのダンスを教える活動を行っており、その中からアスリート級の実力をつけている子どもたちも現われているという。

23名のシャクリーニャの子どもたちがボルトと遊び、サンバを習っている子どもたちは、ボルトにサンバを教えたが、“世界最速の男”はサンバは上手には踊れなかったという。

交流会に参加した中のひとりハファエウ・ホーザ・ヂ・メロ(8)君は「ボルトはとってもいい奴だったよ。サンバを踊ろうとしたからもっと好きになった。サンバは初めてだったから、僕の方が上手だけどね!」と喜んだ。

ハファエウ少年の先生でもあるアレクサンダー・シウヴァ氏によると、生徒には車椅子で生活をしている子もいるが、バドミントンを始めてから動作が機敏になったという。

また、他のファヴェーラ、バビロニアとシャペウ・マンゲイラの子どもたち、約90人とは、競争をした。ボルトはゆっくり走り子どもたちを勝たせた。

優勝したのはカイラニ・ヂ・オリヴェイラ(11)さん。彼女は、UPPが常駐しているファヴェーラの子どもたちに無料でレッスンを行っている市民プログラム「SECIシダダニア」でサッカーを習っているという。

ボルトはその後、フットバレーを行ったが、頭や踵を巧みに使ってパスを行い、ボールを落とすことなく華麗なプレイを見せて「100m走を引退したらサッカー選手になるよ」と語ったという。

(文/麻生雅人、写真/Tânia Rêgo/Agência Brasil)
リオデジャネイロ、レミ海岸で“未来のアスリートたち”と交流したボルト選手

■関連記事
2014年チェリャビンスク世界柔道選手権/国別団体戦、ブラジルはメダル4つ
“ほぼ女性だけの村”にインターネットアクセスが集中。回線が制限される!?
ブラジルで絶大な人気。サンパウロで「聖闘士星矢」放送20周年記念上映会。9月11日からは最新作映画版も公開
ブラジル、2014年の人口は2億276万8.562人に。1年前から173万5.848人増
リオで開催された100m走エキシビジョン、男子優勝はウサイン・ボルト。オリンピックに向けて、ポルトガル語も勉強中!?

このエントリーをはてなブックマークに追加