• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

2016年リオ・オリンピック・パラリンピックのマスコット名、
「ヴィニシウスとトン」に決定

ヴィニシウスとトン

2016年にリオデジャネイロで開催が予定されているオリンピック・パラリンピックのマスコットの名前の投票結果が12月14日(日)に公表された。

21日間インターネットで一般投票が行われた結果、「ヴィニシウスとトン」が323.327票を獲得(44%)したと、TVグローボのニュースバラエティ番組「ファンタスチコ」が伝えた。

投票は3組の候補から選ぶ形で行われ、次点は「オバとエバ」で38%、「チバ・トゥッキ」とエスキンジンは18%だった。

「ヴィニシウスとトン」は、リオデジャネイロを代表する有名人でもある音楽家コンビ、ヴィニシウス・ジ・モライスとアントニオ・カルロス・ジョビンにオマージュを捧げられた名前。トン(Tom)はアントニオの愛称で、ブラジルではトンと発音されることが多いが、その他の国ではトムとも発音される。

ヴィニシウスはオリンピックのマスコット、トンはパラリンピックのマスコットの名前になる。

詩人でもあったヴィニシウス・ジ・モライスと、20世紀を代表する作曲家のトン・ジョビンは、共にブラジルの文化に多大な貢献をした表現者だが、ボサノヴァの名曲「イパネマの娘」を生んだコンビとしても知られる。リオデジャネイロの街のすばらしさを世界中に伝えたという側面が今回のリオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピックのマスコットの名前に選ばれた大きな理由のようだ。

2016年リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピック組織委員会のカルロス・アルトゥール・ヌズマン会長も、賛辞を贈った。

「ヴィニシウスとトンは、すでに素晴らしさとの同義語として世界中で知られています。2016年のリオ・オリンピック・パラリンピックにふさわしい名前です。私たちのマスコットたちはブラジルの動物や植物を表わすだけでなく、私たちの国の音楽(のすばらしさ)も表わします。子どもたちにも多大なインスピレーションを与えると確信します」(ヌズマン会長)

同組織委員会のマスコットやマークに関するディレクター、ベッチ・ルーラさんは「ヴィニシウスとトンという名前が選ばれたことは、このキャラクターによりブラジルらしさを与えてくれます。彼らは、オリンピックとパラリンピックというイベントの価値とメッセージをさまざまな人々、特に子どもや若者たちに広めることでしょう」と語った。

(文/麻生雅人、写真/Reprodução/「Fantástico」/TV Globo)
TVGloboのニュースバラエティ番組「ファンタスチコ」に登場したヴィニシウスとトン。「ファンタスチコ」は日本ではグローボインターナショナル(スカパー 514ch)で放送中

■関連記事
2016年リオデジャネイロ・オリンピック・パラリンピックのマスコット公表される
バイーアの海を違法漁業から守れ! 軍警察が装備を強化
ブラジルでクリスマス用食品の重量表示虚偽調査を実施。虚偽発覚の11件中7件がパネトーニ!
ナタウ(ナタール)の刑務所地下で大規模な脱走用トンネル網、見つかる
2014年、ブラジルのTwitterで最も多くつぶやかれた話題は? ネイマールはフォロワー獲得数でトップに

このエントリーをはてなブックマークに追加