• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

世界最大級の果物「ジャカ」

ジャカ

この時期、季節の果物としてよく見掛けるトロピカルフルーツの「ジャカ」を食べたことがありますか? 私の住む街を歩いてると、ジャカの実がなる木がところどころにあり、独特の強い甘い香りに誘われます。

世界で最も大きい果物の中のひとつといわれているジャカの実は、15キロくらいのものから、50キロになる物もあるそうです。ジャカの木も大きく、幹回りが1メートル、高さが20メートルになることも。でも、日中暑いからといってもこの木の陰に入ることは危険です。熟した実が上から落っこちて来ることがあるからです。頭上注意です。

今回は近所の庭になってたのを頂いてきました。

ジャカの食べごろは、よく熟してから。親指で押してみて柔らかさを感じることが出来て、指で皮も割くことが出来る感じでしたら、かなり熟してて、甘いです。まだ硬く青いままですと、実の中は樹脂分を含みねばねばしてて、それが包丁や手についたり、洗うのに大変な思いをされるでしょう。

ジャカ

実を割ってみると、中にたくさん種を覆った果肉がありますので、それを食べてます。

何の味?? はい、甘い南国の味ですね。

種もナッツとして食べられます。種は塩水で湯でたりあと焼いたりして食べてます。ジャカは他にも、お菓子やアイスやジュースとして、また、色んな料理方法があります。インターネットでも紹介されていますよ。

(写真・文/土居 清光エミリオ、記事提供/土居 清光エミリオFacebook
※土居清光エミリオFacebookではさらに多くの写真も紹介しています

■関連記事
ムイト・ゴストーゾ! 「うまい棒」ブラジル・バージョン限定発売
第2回 名古屋ブラジルフェスタは2015年5月30日(土)、31日(日)に開催
「ブラジルカーニバル2015」お台場で開催。ブラジルグルメNO.1 を決める「BRA-1」グランプリなどイベントも多数
JAL、ブラジル線でTAM(タン)航空とコードシェアを開始へ
さかなクン、「大アマゾン展」公式サポーターに就任。「ぜひ、ギョ覧になってください」

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

土居清光エミリオ Emilio Kiyomitsu Doi 神奈川県横浜市生まれの浜っ子。7歳のときに、父が描いた夢と共に家族でブラジルに移民。約1か月の船旅でサンパウロに上陸、以降11年間サンパウロで生活を送る。その後、一度日本に帰国するも、多感な思春期の頃を過ごしたブラジルでの生活が忘れられず、再移住を決意。現在、念願の永住権を取得してガウーショに囲まれながらリオグランジドスウ州で生活中。Facebookでブラジルのさまざまなことを紹介中(https://www.facebook.com/kiyomitsuemilio.doi)。