• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロの麻薬常習者の巣窟、掃討作戦で2名負傷

クラコランジア

4月29日、サンパウロ市中央の”クラコランジア”(薬物常習者が集うエリア)で薬物常習者が建てたバラック小屋の一掃作戦があり、常習者2人が負傷したと4月30日付伯字各紙が報じている。

薬物常習者が建てた小屋は”ファヴェリーニャ”と呼ばれ、市役所の一掃作戦は警察と常習者らの衝突に発展した。常習者らはバリケードを築いて抵抗し、機動隊は催涙弾を発射した。

アレシャンドレ・モラエス・サンパウロ州保安局長は事前の連絡が無かったと批判したが、サンパウロ市側は返答していない。市警備隊(GCM)も、小屋の撤去で大きな衝突が起きる事は想定していなかった。

実際には、小屋の撤去作戦が始まると空気は一変した。作戦は同日朝から始まり、暴力的な光景が2度発生した。

最初は午後2時頃で、轟音が鳴り響き、現場の常習者は驚いて雲散した。これは、私服警察に気づいた一団が鉄棒で襲撃したため、追い払おうとした別の軍警が威嚇射撃をしたところ、地面で跳ね返った弾の破片で男2人が脚と首筋に負傷したもので、1人は救急外来に運ばれた。襲われた警官は入院している。

2回目は午後5時半頃で、常習者達が段ボールに火をつけて道路を封鎖したが、機動隊が接近しガス弾を放った。煙が猛烈に立ち上ったために住民が再び逃げ惑い、警察との衝突も発生した。

地域住民代表のヒタ・ホージ氏は「常習者はひ弱で病気の者もいる。手荒なことはしないと言っていたのに裏切られた」と失望をあらわにした。

サンパウロ市の目的は既に580人が登録済みの更正プログラムに常習者を取り込むことで、29日は88人が新たに登録、30人が収容施設への移転を受け入れた。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Marcelo Camargo/Agência Brasil (21/01/2013))
サンパウロ市内のクラコランジア

■関連記事
・・当時の様子生々しく語る。ネパール地震被災のブラジル人帰還
パラナ州でデモ隊と軍警が衝突、市民と軍警213人が負傷
バルバッコアビアガーデン、5月11日、高輪にオープン。予約は5月2日12時より
敵チームの応援団同士が同じエリアで応援!? ブラジルサッカースタジアムの新たな試み「トルシーダ・ミスタ」とは
ブラジルの水着ブランド「キミニス」日本に上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加