• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの人気ビーチリゾート、ポルト・ジ・ガリーニャス

ポルトジガリーニャス

ペルナンブッコ州レシフェ(ヘシーフィ)から60kmほど南にある「ポルト・ジ・ガリーニャス」は、ブラジルのベスト・ビーチリゾートに10年連続で選出されているブラジル人に人気のあるリゾートです。

日本のガイドブックにはあまり載っていないのですが、せっかくレシフェ(ヘシーフィ)まで来たのであれば、足を延ばしてみる価値のある場所です。

ポルト・ジ・ガリーニャス海岸は、引潮の際に岩礁に囲まれた天然プール(Piscinas naturais)が現われることで知られています。

この天然プールへは、ポルト・ジ・ガリーニャスの港から、ジャンガーダ(Jangada)という小舟で連れて行ってもらいます。天然プールでは、沢山の魚と一緒に泳ぐシュノーケリング体験ができます。

料金はツアー料金とシュノーケリング・セットのレンタル費用込みで20レアル(約800円)と良心的な価格。所要時間は1時間程度。なお、天然プールへはジャンガーダに乗らなくても、浜から泳いでも行けます。浜辺沿いには、シュノーケリングセットをレンタルしてくれるお兄さんが居るので、手ぶらで遊べます。

天然プールは引き潮にならないと現われないので、宿泊先でその日のベストな時間を確認しておくと良いです。宿の受付などに置いてある「ポルト・ジ・ガリーニャス新聞」(Jornal Porto de Galinhas)にはその月の引き潮の時間が書いてあります。その他、TABUADEMARES.COMというウェブサイトでも引潮の時間が分かります。

そして、シュノーケリング以外にも、ポルト・ジ・ガリーニャスではいろいろな過ごし方があります(次ページへつづく)。

ポルトジガリーニャス

(写真・文/唐木真吾)
写真下、これもポルト・ジ・ガリーニャス名物。鶏のオブジェがある理由は…

■関連記事
青い海を見ながら波打ち際でめしを食う幸せ ポルト・ジ・ガリーニャス
日本戦のあるヘシーフィ近郊のビーチ・リゾート、ポルト・ヂ・ガリーニャスに日系家族が経営する宿があった
政権交代後のポルトガル、TAP航空の買い戻しに意欲
2016年リオのカーニバル 美女ダンサー写真集
リオのカーニバル、会場来場者数が過去最高を記録

1 2 3 4
このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2011年、社会人6年目に大学時代からの趣味であった海外一人旅が高じて、インドネシアのジョグジャカルタに4ヵ月間留学。帰国後、勤めていた監査法人を退職し、練馬のおんぼろ木造共同アパートを拠点にジャカルタでの就職活動を展開するも、予想外にもそれまで関係のなかったブラジルで働くことに。2012年からブラジル、ペルナンブーコ州ペトロリーナ在住。いまではすっかりブラジルの魅力にハマってしまいました。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、あまり日本人の居ないブラジル北東部のさらに内陸部からローカルな情報を発信しています。