• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルでもおなじみ”パレッタ”専門店「GINZA SIX」に登場

パレッタ GINZA SIX

中にごろっとフルーツの実が入ったアイスキャンディー「パレッタ」。発祥地といわれるメキシコでは、そのほとんどが自家製で、店舗ではなく手押し車で販売されることが多いそうだ。

そんなメキシコの伝統的な氷菓はブラジルに2011年ごろに上陸。メキシコを旅行で尋ねてパレッタを知った夫婦が、帰国後パラナ州クリチーバ市で開店した「パレテリーア」がブラジルにおける先駆的なブランドのひとつと言われている。

ピコレーと現地で呼ばれるアイスキャンディーが街中の軽食店、新聞雑誌スタンドなどで売られていたブラジルでは、パレッタはまたたくまに浸透。2012年にサンタカタリーナ州で誕生した「ロス・パレテーロス」はサンパウロにも進出。パレッタは全国に飛び火して2014年にはブームとなった。現在、ブームは去ったものの、今もパレッタは地味ながら根強い人気を誇っている。

ただし、ブラジルのパレッタは、メキシコのパレッタとは異なり、コンデンスミルクが入ったスタイルが定番化するなど、ブラジル独特のスタイルで現地化したものだ。

さまざまなブラジル流パレッタが生まれたが、中にライムの実を入れたカイピリーニャ味のパレッタはまだフルーツに関係しているものの、ドーシ・ジ・レイチ(ミルクジャム)入りのドーシ・ジ・レイチ味に至っては、すでにフルーツは関係なくなってしまい、中に甘いものが入っていることが主役になってしまった。

パレッタ GINZA SIX

一方、メキシコのパレッタ文化が形を変えて日本に上陸したのは、2013年のこと。同年8月、ロート製薬の子会社となるジャパンパレタスが、鎌倉に「PALETAS 鎌倉店」をオープンした(次ページへつづく)。

(写真・文/麻生雅人)

■関連記事
リオ発ファッションブランド「オスクレン」、旗艦店を「GINZA SIX」にオープン
毎年恒例、バルバッコアのビアガーデン。今年はランチタイムも
ブラジル生まれの名門ブランド「ATHLETA(アスレタ)」専門ショップが原宿にオープン
ロクシタン・ブラジルが新ライン「アブラッソ」を展開
仏の老舗チョコレート店「CHAPON」が日本一号店をオープン

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加