• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの農作物収穫支援予算は6兆6500億円

パラナ州大豆生産者

グローボ系ニュースサイト「G1」が6月11日付で伝えたところによると、農牧供給省が発表した今年の農産物収穫支援予算は前年比で130億レアル(約4550億円)減少し、1900億レアル(約6兆6500億円)だという。

この予算は主に大規模、中規模生産者への支援に使われる。

支援金額が減少する一方で、政府は農畜産業関係者への貸付利子率を下げるとのことだ。

昨年発表された支援金額は2030億レアルだったが、実際には200億レアルのコスト削減を行った。ブライロ・マッジ農牧供給相は今年の予算はすでに関係機関に分配済みで、昨年のような支出削減はないと述べた。

今年の収穫支援金のうち、1500億レアル(約5兆2500億円)は生産・流通コストの一部補てんに、380億レアル(約1兆3300億円)は生産拡大を目的とした投資に対する支援に充てられる。

農畜産業者への貸付利子は1~2%下げられる見込みだ。次の収穫期までの大規模・中規模生産者の貸付金利は年6.5~8.5%になるが、全国農業生産者連合(CNA)を納得させるには至っていない。

「我々は支援金は2050億レアル(約7兆1750億円)程度必要だと見ていますが、政府は『金額を上げれば、貸付利率も上げなくてはならない』というのです」(CNAジョアン・マルチンス代表)

大豆生産者組合アグロソージャの代表、マルコス・ダ・ホーザ氏によると、支援金を手にするのは大豆生産者の30%程度にとどまるという。

実際に支援金が生産者に渡るのは7月以降とのことだ。

(文/原田 侑、写真/Jonas Oliveira/ANPr)
写真は2011年、パラナ州の大豆生産者

■関連記事
スーパーフード、2017年秋冬もレッドフルーツがトレンド。カカオニブ、ファッロなども注目集める
ネイマールと女優ブルーナ・マルケジーニ、3度目の破局
市の予算削減で…2018年はリオのカーニバルが中止される!?
8月21日に北米大陸で観られる皆既日食、ブラジルでも話題
ブラジル出身のシューズデザイナー、ヂエゴ・ヴァナシバーラがMINIとコラボ

このエントリーをはてなブックマークに追加