• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルのオーガニック市場成長率は15%、市場規模は1050億円

ブラジル オーガニック市場

ブラジルは世界有数の農業国。農業の担い手は家族による小規模生産農家から大規模な農業法人まで様々だが、国土の広さと安定供給・管理コスト削減のため、大規模農場では飛行機などによる効率的な農薬散布が行われていることは珍しくない。

一方、ここ数年の健康志向の高まりからカロリーオフ製品だけでなく、オーガニック製品の人気が高まりつつある。オーガニック食品チェーン店やオーガニック専門青空市が年々増加の傾向にあることからも人気のほどがうかがえる。

TVグローボが9月24日、経済情報番組「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」で伝えたところによると、オーガニック製品普及促進機関のオルガニス(パラナ州クリチーバ市)がブラジルのオーガニック市場規模は30億レアル(約1050億円)、大都市圏人口の15%がオーガニック製品を日々消費していると発表したという。

オルガニスによると、2017年のオーガニック市場成長率も前年比+15%に達するという。食品だけでなく、被服、化粧品、玩具など製品ラインも広がりつつあるとのことだ。

その成長・拡大を具現化したマーケットがサンパウロで開店し、注目を集めている。

サンパウロ市ヴィラ・マダレーナ地区にオープンした「カーザ・オルガニカ」は、ナイーラ・デララーナさんが夫のアレサンドロさんと経営する、総合オーガニック製品販売マーケットだ。

製品の販売は各ブースのテナントが行うが、店舗の選定や審査はナイーラさん夫妻が行っている。テナントが販売している製品はすべてトレーサビリティが担保されており、出どころが明示できない製品は販売できない仕組みになっている。

ナイーラさん夫妻はこのマーケット開設のため構想に2年かけ、20万レアル(約700万円)を投資した。当初は食品のみを扱う予定だったが、オーガニック製品に対する需要は食品だけにはとどまらないことにすぐ気づいたという。

ここに来るとオーガニック製品は何でもそろう、そんな場所にしたいという思いから、ナイーラさん夫妻はさまざまな商品を扱うテナントに継続出店してもらうための策を講じている。

その一つは賃料の優遇で、各販売ブースのテナントから固定賃料はとらず、売上高に一定の割合をかけた金額のみを賃料として支払う仕組みをとっている。

テナントにはオーガニックコットン100%の衣料品店もある。無農薬であるだけでなく、製造過程についてもサスティナビリティにこだった商品を販売している。

「オーガニックコットンの栽培では通常よりも使用する水は少なく、水質汚染も格段に減らせます。地球環境への負担、めぐりめぐって農産物への影響も少なくなります」(衣料品店オーナー、バルバラ・フローリスさん)

化粧品を扱うテナントは、今までネット販売をしてきたが、初めてリアル店舗での販売を始めたという。

「ネット販売をやっていた時は、無料サンプルを提供していましたが、実店舗で実演した方が製品の良さを実感してもらいやすいです。この製品がどうやって作られているか、どう使うのが最も肌に良いのかを知ってもらうことがとても重要だからです」(化粧品メーカー営業担当、ニコル・プラセンシオさん)

出店しているテナントは、このマーケットに出店してから売上が50%近く増加した、と口をそろえて言う。マーケット全体の売上は月に18万レアルに達するとのことだ。

「一つの強力な経済圏ができつつあります。このマーケットに関係するすべての人がこの仕組みを維持するべく協力しあっているのです」(ナイーラさん)

ブラジルは世界でも起業家人口の高い国で、ビジネスオーナー、一国一城の主を夢見る人が多い。その反面、同業者等利害関係をもつ人どうしでコミュニティを作って共栄を目指すことにはあまり積極的ではない傾向がある。結果、起業しても短期間で廃業するケースも珍しくない。

地球との共存を図りつつ、ともに繁栄していくための経済圏を作っていく試みはまだ始まったばかりだが、市場に確固たる地位を確立しつつあるようだ。

カーザ・オルガニカ(CASA ORGÂNICA)
住所:Rua Fidalga, 346- Vila Madalena, São Paulo/SP – CEP: 05432-000
電話: (11) 38130800
Email: casaorganicasp@terra.com.br
ウェブサイト:www.casaorganicasp.com.br

オルガニス(ORGANIS)
住所:Rua Doutor Correa Coelho, 747 – Jardim Botânico, Curitiba/PR – CEP: 80210-350
電話:(41) 4106-3308
Email: info@organis.org.br
ウェブサイト:www.organis.org.br

(文/原田 侑、写真/Divulgação)
写真はカーザ・オルガニカと、同店を経営するナイーラ・デララーナさん、アレッサンドロ・ドゥアルチさん夫妻

■関連記事
ブラジルでオーガニック食品市場が年20%成長
ブラジルのオーガニック食品生産者、2年間で倍増
スーパーフード、2017年秋冬もレッドフルーツがトレンド。カカオニブ、ファッロなども注目集める
11月、新宿にアサイーカフェ2号店がオープン
「グラマー」誌オススメのブラジル産オーガニックコスメはこれ!

このエントリーをはてなブックマークに追加