• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

F1、ハミルトン選手の栄光はリオのキリスト像のご加護のおかげ!?

ハミルトン ヘルメット

11月12日(日)、熱戦のうちに幕を閉じたFormula 1(以下「F1」)ブラジルGP。ブラジルは「音速の貴公子」故アイルトン・セナ選手を輩出した国でもあり、今でもモータースポーツとセナ人気は高い。

セナ選手に憧れるF1レーサーは多いが、中でも英国のルイス・ハミルトン選手の崇拝ぶりは、セナ選手の遺族から遺品のヘルメットを譲り受けるほどだ。そのハミルトン選手だが、彼にはもう一つブラジルとの強いつながりがある。

TVグローボが11月11日、ニュース番組「ジョルナウ・ナシオナウ」で伝えたところによると、ハミルトン選手のヘルメットをデザインしているのは、サンパウロ州カンピーナス出身のブラジル人、ハイー・カウダート氏とのことだ。

カウダート氏はグラフィックデザイナーで、F1の熱烈なファンだ。レースを見ているだけでは飽き足らず、レース用の車体やヘルメットのデザインを始めた。

セナ選手のヘルメットデザインを担当していたシド・モスカ氏に才能を見出されたカウダート氏は、2010年、モスカ氏のデザイン事務所に採用された。

しかしながらモスカ氏はほどなく他界する。

「僕がヘルメットのデザインを考えるとき、常に自分右側にモスカ氏の存在を感じ、左側にはセナ選手の存在を感じています」(カウダート氏)

そんなある日、ハミルトン選手がSNSで「新しいヘルメットデザイン募集」と銘打ったデザインコンクールを呼びかけた。コンクールの最終選考に残った4つのうち3つのデザインがカウダート氏のものだった。

優勝したのはカウダート氏のデザインで、そこにはブラジルにちなんだ要素が2つ含まれていた。

(次ページへつづく)

(文/原田 侑、写真/Reprodução/Jornal Nacional/TV Globo)
写真はTVグローボ「ジョルナウ・ナシオナウ」より。TVグローボ系列の番組はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴の問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで

■関連記事
故人に化粧を施す葬儀サービス業に転職したブラジル人青年。「”おくりびと”は天職です」
「天皇皇后両陛下ブラジル初訪問から50周年 永遠の絆を築いて」が閉幕
リオ五輪・難民選手団のポポレ・ミセンガ選手「東京2020に参加したい」
ブラジル対日本、格の違いを見せつけたチチ監督率いるブラジル代表
大きいことはいいことだ!?  ブラジルのミス美巨尻コンテスト、ミスブンブン2017選ばれる

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加