ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジル、ゴイアニアの連続殺人犯容疑者が連邦刑務所に収監

ゴイアニア連続殺人

ゴイアス市警が(10月)16日、ゴイアニアで起きた連続殺人事件で、チアゴ・エンリケ・ゴメス・ダ・ロッシャ容疑者(26)が所持していた銃の線条痕が、女性6人を殺した弾のキズと一致したと発表したと16日付各紙サイトや17日付伯字紙が報じた。

線条痕で関与が確認されたのは、6月1日~8月2日に起きた女性6人の殺害事件だ。市警によると、同容疑者は、8月に結成された特別捜査班が捜査していた殺人16件と殺人未遂1件の内、15人の殺害に関与したと自白している。

同容疑者は「最初に殺した女性は誰だ」との問いに「最初の被害者は男性」と答えた後、11年以降の殺害事件を順に自供。殺害場所や方法は克明に覚えていたが、全員の名前までは覚えておらず、「何番目は」と番号で示しながら自供した。金をもらって殺した事件もあるとされ、事実関係の捜査が続いている。

自供によれば、犠牲者は男性17人と女性22人で、ゲイは絞殺、売春婦は刺殺か頭を射撃。路上生活者は頭、女性は胸部を撃たれている。一般女性の被害者は14~27歳で長髪、美人という以外の共通点はない。

同容疑者は昨年、スーパーでバイクのナンバープレートを盗もうとして逮捕された。また、盗んだプレートを付けたバイクで走行中にも逮捕されている。同容疑者はロッテリカや薬局、パン屋などで90件に及ぶ盗みも働いており、盗む度に興奮を覚えていたという。

逮捕の決め手となったバイクは、10月1日のロッテリカでの強盗事件でも映像が残っていた。今月12日の女性襲撃事件は銃不発で未遂に終ったが、犯人は女性の口元を蹴ってから逃げた。

市警警部らは、頭を上げたまま自供し、「世の中のすべてに怒りを感じていた」と言う同容疑者に戦慄さえ覚えつつ、16日に遺族達に同容疑者を引き合わせた。遺族達は皆、「殺人鬼!」と叫び、怒りを露にした。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Polícia Civil/Goiás)
10月16日、ゴイアス州ゴイアニア。容疑者のバイクなど公開された証拠品

■関連記事
W杯の賑わい去って閑古鳥=大混乱に懲りて客足遠のく
デング熱にかかった歌姫イヴェッチ、Facebookにメッセージ「体が痛い!」
リオ市で、ファヴェーラの住環境が改善され家賃値上がり。追われた人々が新たなファヴェーラを形成
ネイマールに続くブラジル期待の星、”ガビゴウ”ことガブリエウ、U21ブラジル代表に招集される
米州ボリバル同盟諸国がハバナでエボラ対策会議。中南米への拡散防止と西アフリカ支援計画を承認

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加