ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルと日本の未来を奏でる美味しい音楽会、JICA横浜海外移住資料館で開催

Bom dia Japão ! Boa noite Brasil ! Sou REI CAPOEIRAP !

”目がブラジル”の皆さん、Blz!? ベレーザですか? カポエイラッパーのREIです。ブラジルはまもなくカーニバル、日本も春までもう少し! ここで心踊るステキなイベントを告知させてください。

来る2月24日(日)に、「ブラジルと日本の未来を奏でる美味しい音楽会 -Projeto Som Na Bacana-」がJICA横浜 海外移住資料館で開催されます。

このイベントは、ブラジル日本移民110周年の節目の年であった2018年、9月2日に行われた「みんなで作る音楽ワークショップ」の第二弾となります。

「みんなで作る音楽ワークショップ」は大人も子どもも一緒にカポエイラとラップを同時に学べる体験型イベントで、(たぶん)日本初の「カポエイラップ」のワークショップでもありました。ACCC湘南のグリロ氏の協力を得てカポエイラの基本ステップである“ジンガ“を踏みながら、僕がこのイベントのために制作した平仮名で楽しめる「いみんらっぷ」を会場の皆で唄い、移民や移住について学びました。紙芝居を読んだり移民カルタで遊んだりもして、盛り上がりましたよ。

第二弾の今回は、新たに「Projeto Som Na Bacana」と題して、前回に続きACCC湘南によるカポエイラ実演、国際色豊かなバンドThe Nwankwo9とREI CAPOEIRAPのライヴパフォーマンスなど、「そんなバカな!」なコラボもあります。より音楽色の強い感じで盛り沢山内容でお送りします。完成したばかりの僕の新曲「Minas On My Mind -俺のミナス-」も披露します。(3月に配信リリース予定)。入場は無料です。

2019年は、昨年から掲げている「日本にブラ汁を!」に加え、「人生を美味しく」をテーマに音楽を発信していきます。皆さん、日本で感じられる新しいブラジル「Projeto Som Na Bacana」を是非とも体験しに来てください。お待ちしております!

https://www.facebook.com/events/2229892403742023/

ブラジル日本移民111周年記念
『ブラジルと日本の未来を奏でる音楽会-Projeto Som Na Bacana』

主催:JICA横浜 海外移住資料館

-Capoeira Workshop&Show-
ACCC湘南 (カポエイラ)

-Live Performance-
The Nwankwo9
REI CAPOEIRAP

日時: 2月24日(日) 14:00-15:30
会場: JICA横浜 2Fギャラリー奥 ワークショップスペース
入場無料

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

REI CAPOEIRAP は日本のインディーズアーティスト/カポエイラッパー。 東京生まれ香港育ち。"REI"という名は自身が傾倒するブラジル伝統格闘技カポエイラの”しこ名”である。 Facebookページ https://www.facebook.com/CAPOEIRAP/ YouTubeチャンネル https://www.youtube.com/user/CAPOEIREI​​ 問合せ rei.capoeirap@gmail.com