ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

【RIZIN.19】マルコス・ヨシオ・ソウザ選手試合後インタビュー。「転んでも起き上がらなければならない」

マルコス・ヨシオ・ソウザ選手(左)と中村K太郎選手(写真提供/@RIZIN FF)

2019年10月12日(土)、エディオンアリーナ大阪にて格闘技イベント「RIZIN.19」が開催された。

本大会では、スペシャルワンマッチでにホベルト・サトシ選手の兄であるマルコス・ヨシオ・ソウザ選手(第5試合)も登場した。

マルコス・ヨシオ・ソウザ選手(左)と中村K太郎選手(写真提供/@RIZIN FF)

マルコス・ヨシオ選手の相手は元UFCファイターの中村K太郎選手だった。

マルコス選手は中村選手のパンチを受けダウンし、パウンドを受けながらも足関節を狙いにいったが失敗してしまった。立ち上がるときに中村選手のパンチが当たり、マルコス選手はダウン。ここでレフリーが入りTKO(レフリーストップ)で敗れてしまった。

試合後、マルコス選手のインタビューが行われた。インタビューの内容は以下。

――試合後の率直な感想をお聞かせください。

「一番最初にパンチを受けるまでは、よい戦術を持っていましたが、今日起こったことは正にその通りだと思いました」

――対戦を終えて、相手の印象はいかがでしょうか。

「寝技ではわたしのほうが強いと思いましたが、試合の流れを変えようと思い、スタンドにいこうとしたときに打撃をもらってしまいました」

――試合を終えたばかりですが今後の展望を教えてください。

「七転び八起という言葉がありますが、転んでも起き上がらなければいけないと思います」

――前回の名古屋大会はけがで出場できなかったと思うのですが、そのけががまだ回復していないのでしょうか?

「どんな職業であっても、上に上がっていく必要があります。今日は相手がわたしより強かっただけだと思っています。腰をけがしているのと、一ヶ月前に祖父を亡くしてしまい、そのような心の傷もありましたが、それを言い訳にするのではなく、ただ対戦相手がわたしより強かっただけです」

(文/Viviane Yoshimi)

■関連記事
【RIZIN.19】ホベルト・サトシ・ソウザ選手、試合後インタビュー。「RIZINのベルトが日本に欲しかった」
ベラトール、RIZINの協力で日本初上陸へ
ホベルト・サトシ・ソウザ選手、日系ブラジル人へエール送る
ONE Championship ビビアーノ×ベリンゴン戦は不本意な結果に!?
アサイーの造血機能性に関する研究発表会、開催される

このエントリーをはてなブックマークに追加