• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

2014年W杯1次リーグ抽選に先駆け、セレモニー開催される

エミシーダトアウシオーニ

12月6日(金)、バイーア州コスタ・ヂ・サウイッピ(サウイッピ海岸)で2014年FIFAワールドカップ本大会1次リーグの抽選に先駆け、開会セレモニーが行われた。司会を務めたのはフェルナンダ・リマとホドリゴ・イウベルチ。

サンバ歌手アウシオーニとラッパーのエミシーダによる共演による「ブラジル・パンデイロ」の演奏に続き、ジウマ(ジルマ)・ルセーフ大統領とゼップ・ブラッターFIFA会長がスピーチを行った。スピーチに先駆け、12月5日に他界したネルソン・マンデラ元大統領に黙とうが捧げられた。

ジウマ大統領は「ブラジルは5回優勝して、すべてのワールドカップに出場している国です。世界で最も偉大なサッカー選手ペレを生んだ国。新しいエース、フェリッペ監督という素晴らしい監督もいます。バヘイラさんもいます。私たちはサッカーを愛しています。みなさん。ぜひブラジルへいらしてください」と語った。

映像でワールドカップの歴史が紹介され、2010年W杯で優勝したスペインのビセンテ・デル・ボスケ監督が登場した後は、ヴァネッサ・ダ・マタとアレシャンドリ・ピリスが「ウン・イ・ゼロ」を披露した。

W杯のオーガナイザーを務めるロナウドが登場、公式ボールの「ブラズーカ」、大会マスコットのタトゥーボーラの「フレッコ」くんも紹介された。フレッコとは、フッチボウ(サッカー)とエコロジーを合わせた造語だという。フレッコくんはサンバも披露した。

ダンスカンパニー、デボラ・コルケル・カンパニーによるダンスに続いては、サッカーの王様ペレが登場。

ペレは「ブラジルは決勝戦に行くと思います。50年の大会でブラジルが優勝を逃し、皆が泣いたことを覚えています。テレビはない時代でしたがラジオでニュースを聞いてみなが泣きました。今回の大会で私は皆がなくところを見たくないと思っています」と語った。

(文/麻生雅人、写真/Getty Images)
写真は抽選会が行われるバイーア州コスタ・ド・サウイッピ(サウイッピ海岸)の会場でセレモニーに出演したラッパーのエミシーダ(左)とサンバ歌手アウシオーニ

■関連記事
ワールドカップ抽選会のゲスト、白人スターへの交代に物議
ブラジルW杯2014の抽選会にエミシーダ、オロドゥン、マルガレッチ・メネーゼスが参加
FIFAがブラジルW杯、7試合の開催時間を変更。 日本対コートジボワール戦は22時キックオフに
12月2日、「サンバの日」に各地でイベントを開催。「サンバ列車」は7日(土)に発車
願いが叶いやすくなる?  ボンフィン教会のフィッタ、コットン素材に戻る。

このエントリーをはてなブックマークに追加