• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サンパウロにブラジル初の讃岐うどん専門店がオープン

ブラジル初 讃岐うどん

ブラジル初の讃岐うどん専門店「メウ・ゴハン(Meu Gohan)」が、9月14日、サンパウロ市ヴィラ・クレメンチーノ区にオープンした。

麺は手打ち、スープ原料は全て日本から取り寄せというこだわりだ。

店長の水本良夫さん(33、三世)は「ゆくゆくはラーメンなどメニューも増やす計画。日本の味を出して行きたい」と意気込んでいる。

水本さんはデカセギブームに乗って両親と共に10歳で訪日。その後、一旦帰伯したが「やっぱり価値観の合う日本に住みたい」と21歳の頃に再訪日し、東京でトランクルーム会社の営業をしていた。客への気遣いや腰の低さが、まるで日本で修行を積んだ職人のようだ。

両親の高齢化に伴い帰伯したが、日本在住時代に足しげく通った讃岐うどん専門店の味が懐かしく、当地で就職活動をしながらうどん作りの研究を開始した。

駐在員の知人に「美味しい。店を出してみたら」と勧められ、親戚が経営する軽食屋を土日祝日だけ借りて「見切り発車」の開店へとこぎつけた。表にはまだ暖簾もないが、どこから聞きつけたのか多くの日本人客が訪れる。

讃岐うどんならではの「こし」と「のど越し」を実現するため、当地で手に入る小麦を独自の配合でブレンドし、当日朝に麺を手打ちする。化学調味料や添加物、着色料は一切使わない。ざる、ぶっかけ、かけ、釜玉、釜揚げの5種類(17~18レアル、並で250グラム)で、別料金の天ぷらを自分でトッピングするセルフ・サービス方式だ。

水本さんは「うどんはラーメンほど一般的ではないので、どれくらいの需要があるか分からない。まだ試験段階だけど、もう少し落ち着いたらブラジル人向けの宣伝もして、ラーメンと同じぐらい浸透させたい」と話した。

「メウ・ゴハン(Meu Gohan)」
Rua Doutor Bacelar, 1231, Vila Clementino
ヴィラ・クレメンチーノ、ドトール・バセラール通り1231
地下鉄サンタクルス駅から約2キロ
電話:11-94737-0100
営業日:土日祝日の午前11時半~午後3時まで
www.facebook.com/MeuGohan

(写真・記事提供/ニッケイ新聞)
写真は店長の水本良夫さん

■関連記事
トレス・マリアス、水位低下で発電停止か。南東伯などの水不足深刻
ブラジルの選挙におけるメディアの存在
ブラジル、エボラの疑いのある患者は陰性でも、引き続き対策の徹底を確認
ブラジルのエボラ感染を疑われていた患者、ウィルス感染しておらず。1次テストに続き2次テストも陰性
「HostelBookers」のベストホステル南米ランキング、ブラジルから4ホテルが選ばれる

このエントリーをはてなブックマークに追加