• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

歌手のマルシア氏とサッカー元日本代表監督のジーコ氏、日本ブラジル外交樹立120周年親善大使に任命される

ジーコ氏と安倍首相

日ブラジル両国が外交関係樹立120周年を迎えるにあたり、サッカー元日本代表監督のジーコ氏(61)と日本で活躍するタレントのマルシアさん(46、三世)が親善大使に任命された。委嘱期間は(2015年の)今月(2月)12日から12月31日まで。

ジーコ氏は1991年、住友金属工業蹴球団(現鹿島アントラーズ)に入団するため初来日。93年に発足した日本プロサッカーリーグの礎を築いた。02~06年には監督として日本代表を率い02年アジア杯優勝、06年ドイツW杯に出場した。現役時代はブラジル代表として78、82、86年のW杯に出場している。

今月14、15日に行なわれたサンパウロ市サンバカーニバルでは、1部の上位チーム「アギア・デ(ジ)・オウロ」のパレードに登場した。4位に終わったとはいえ、最後尾の山車に乗り、テーマである「日伯外交樹立120周年」を体現する存在として扱われていた。

マルシアさんは69年2月、サンパウロ州モジ市生まれ。89年にシングル「ふりむけばヨコハマ」でデビューして以来、歌手、タレント、女優としても活躍している。昨年11月には故郷で行なわれたコクエラふるさと祭りに訪れ、母・芳子さんや友人らの歌唱ステージに声援を送っていた。

本業では、5月に行なわれるミュージカル「GARANTIDO ブラジルの風は僕らに絆を取り戻してくれた」(企画・制作=TSミニュージカル・ファンデーション、演出・振付=謝珠栄)に出演することが決定。

アマゾンのアカラー(現トメアスー)移住地を舞台に、41年の真珠湾攻撃で始まった太平洋戦争によって、時代の荒波に呑み込まれていく日系人たちの姿を描く。外交120周年の記念事業として、東京芸術劇場と兵庫県立芸術文化センターで公演する。

19日には製作発表が行なわれ、マルシアさんは、「1920年代に祖父母が移民した私にとって人ごとでないテーマ。移民した日本人それぞれにドラマがある。歌、芝居、ダンスという総合芸術でお届けしたい」と抱負を述べた。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/Marcelo Camargo/Agência Brasil)
写真は2014年8月1日、ブラジリア。安倍首相(右)と会談したジーコ氏(左)。ブラジルを訪問した安倍晋三首相は日本で活躍した経験のある元サッカー選手らと会談した

■関連記事
ベネズエラで秘密部隊が首都カラカス市長を令状もなく逮捕。反政府勢力への弾圧か
降水量が増えるはずの2月でも貯水池の水量、予想値を下回る。しかしサンパウロ市民の渇水への危機感は未だ希薄!?
雨などでブラジル各地の川で水量が急増。アクリ州では洪水も
商船三井、サンバカーニバルで行進した立佞武多(たちねぷた)の輸送に協力
須賀紗彩さん、リオのカーニバルで花形ダンサーとして活躍

このエントリーをはてなブックマークに追加