• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ペトロブラス贈収賄事件でクーニャ下院議長への疑惑再浮上。三井などへの調査依頼、賄賂不払いで圧力かける!?

クーニャ氏三井から賄賂か

連邦警察のラヴァ・ジャット作戦でペトロブラス(ブラジル石油公社、PB)などを巡る汚職摘発が続く中、エドゥアルド・クーニャ下院議長(民主運動党・PMDB)が、日本の多国籍企業の三井グループからの賄賂が滞ったため、支払うよう圧力をかけていた疑惑が再浮上と28、29日付「フォーリャ」紙や「グローボ」紙サイトなどが報じた。

クーニャ氏がへ民主運動党(PMDB)の賄賂の動きに関与していた疑惑は、11年8月に提出された連邦会計検査院(TCU)と鉱山動力省への調査依頼書の作成者欄に同氏の名前が入っていた事が明らかになって再浮上した。

二つの文書は下院情報センターが保管しており、作成者欄に同氏の名前、文書にはソランジェ・アウメイダ元下議(PMDB、現リオ州リオ・ボニト市長)と下院監査委員会元委員長のセルジオ・ブリット下議(社会民主党・PSD)の署名が入っている。

3月8日付「グローボ」紙サイトによれば、三井グループとペトロブラス間の契約の内容の調査依頼書は、3月6日夜公開された闇ブローカーのアウベルト・ユセフ氏の報奨付の供述内容と合致する。

供述によれば、クーニャ氏は三井グループが払う賄賂が滞った後、下院の委員会にペトロブラスと三井グループ、同社が共同出資しているトーヨー・セタルや同社役員のジュリオ・カマルゴ氏並びにSamsungとの関係調査を要請し、圧力をかけたという。

三井グループはペトロブラスが使う石油採掘船に関する契約を結んでおり、契約にはペトロブラス国際部元理事のネストル・セルヴェロ被告と供給部元理事のパウロ・コスタ被告らが関与。国際部を巡る契約による賄賂はPMDBに流れており、コスタ被告は同党の支援で供給部に留まる事になって以来、同党への賄賂の動きにも関与するようになった。

ユセフ被告の供述内容は、14年11月にジュリオ・カマルゴ氏が行った報奨付供述とも合致する。

カマルゴ氏は05年、ペトロブラスがアフリカ沖とメキシコ湾で使う石油採掘船売却交渉の際、PMDB絡みのロビー活動を行っていたフェルナンド・ソアレス氏に仲介を依頼した。セルヴェロ被告との会談時にはペトロブラス国際部課長やSamsung副社長、ブラジル三井の課長も同席したと供述していた。

クーニャ議長は自分の執務室のコンピューターで作成されたために作成者欄に自分の名前が記載されたのだろうとした上、そのような調査依頼は行っていないと弁明。28日には、下院情報センターの責任者を解雇した。

<追記:5月6日>
4月30日付本面記事内容に関し、ブラジル三井物産から5日午後5時、ニッケイ編集部に事情説明の電話があった。

「ブラジルのメディアで報道されている内容は事実と異なる。賄賂を払った事実はないし、アルベルト・ユセフ容疑者と関係したこともない。最新の報道では『捜査が入った』とまで報じられているが、そのような事実もない」と否定した。

弊紙2面は翻訳記事が中心であり、伯字紙の内容に間違いがあれば、そのまま翻訳される可能性がある。

(記事提供/ニッケイ新聞、写真/ClickPB)
写真は4月10日、パライーバ州ジョアンペソア。クーニャ下院議員に抗議する人々がパライーバ立法議会場の中まで進行した

■関連記事
当時の様子生々しく語る。ネパール地震被災のブラジル人帰還
敵チームの応援団同士が同じエリアで応援!? ブラジルサッカースタジアムの新たな試み「トルシーダ・ミスタ」とは
ブラジリアが遷都55周年
ブラジルで、マリファナ(?)入りリングイッサ(ソーセージ)見つかる。シュハスコの最中に煙で発覚
ブラジルの水着ブランド「キミニス」日本に上陸

このエントリーをはてなブックマークに追加