• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルで6月祭名物、世界最大のクスクス、振る舞われる

世界最大のクスクス

フェスタジュニーナ(6月祭)で賑わうブラジル北東部ペルナンブッコ州のカルアルー市アウト・ド・モウラでは、6月14日(日)、祭の名物となっている”世界最大のクスクス”が振る舞われた。

カルアルー市のフェスタジュニーナでは、期間中、さまざまな”巨大な食べ物”が振る舞われるが、最も有名なのが、”世界最大のクスクス”だ。

この日はカルアルー市のフェスタジュニーナ名物の行事で、地元の大衆的な伝統音楽で、特にフェスタジュニーナの時期に多くの人に踊られるフォホーのパレード、カミニャーダ・ド・フォホーが行われた。

カミニャーダ・ド・フォホー(フォホーのパレード)ではトリオ・エレトリコ(バンドを乗せた山車)に先導されて約7万人がフォホーを踊ったりしながら約3時間行進。行進を終えた人々にクスクスが無料で振る舞われた。「G1」が伝えている。

フォホー フェスタジュニーナ

ブラジルのクスクスでは、粒パスタなどの小麦ではなくとうもろこしを使うことが多い。クスクスはブラジル各地で、さまざまなスタイルで食べられているが、北東部では塩と水だけで作るなど、あまり具を入れないのが主流。朝食でもよく食べられる。

高さ4.5メートルの製造機で作る”世界最大のクスクス”を振る舞うイベントは1994年からはじまったという。今年のクスクスは800kgで、ソーセージ300kg、マーガリン60kgが使われた。

午後の12時頃、ヴィラ・ケネディ近くのリアォン・ドウラード大通りに人々が集まり、フォホーの演奏がはじまった。イベントの主催者の一人アウグスト・ソアーリスさん(57)はこのイベントを今年も開催できることを祝した。

「クスクスはとても伝統的なもの。今年もこのイベントを開催できて幸せです。さあ、クスクスを味わいましょう! この素晴らしいお祭りが開催できることを神に感謝いたします。ここにあるのは、喜びと、そして味です! カルアルーはフォホーの里です!」(アウグスト・ソアーリス氏)

夕方16時半ごろ、皆が待ちに待った時がきた。この時間までに約50名が約15時間かけて調理の準備を行っていたという。トウモロコシの原料を温めるため45kgのガスボンベ4台が点火された。

世界最大のクスクス

6月29日のフェスタジュニーナの最終日までに、カルアルー市では29の、巨大な食べ物のイベントが用意されている。今年はすでに、世界最大のホットチョコレート(5月30日)、世界最大のポップコーン(5月30日)、巨大プリン(6月5日)、世界最大のタピオカ(6月13日)などが振る舞われた。

この先はの巨大な食べ物イベントのスケジュールは下記。

巨大トウモロコシケーキ(6月17日、19時~、インヂアノー・ポリス、バラォン・ジ・イアタマラカー通り)

巨大ドブラジーニャ(内臓などの煮込み料理)(6月18日、20時~24時、インヂアノー・ポリス、フランシスコ・アモリン・ジ・ソウザ通り)

世界最大のぺ・ジ・モレッキ(ブラジルのお菓子の一種)(6月19日、19時~、ヘンデイラス広場)

巨大な甘口パン(6月19日、20時~、サウガード、カピタォン・ニロ・フェヘイラ・ダ・コスタ通り)

巨大ポレンタ(とうもろこしから作るお菓子)(6月19日、20時~24時、サンフランシスコ、サン・ジョゼー大通り)

世界最大のケンタォン(カシャッサのお燗)(6月20日、19時~、シダージアウタ、マリア・エミリア・マリア・ドス・サントス通り)

調理とうもろこし(茹でとうもろこしなど)(6月20日、20時~24時、ペトローポリス、ジェラウド・ボルバ通り)

巨大ロールケーキ(6月20日、20時~24時、サウガード、バラォン・ジ・カルアルー通り)

世界最大の調理とうもとこし(6月21日、14時~、サンタホーザ、カピタォン・デー通り)

焼きとうもろこし(6月21日、16時~22時、サンタホーザ、コエーリョ・ネト通り)

マカシェイラ(マンジョッカ芋の一種)祭(6月21日、15時~20時、1ヴィラカンポス)

巨大カンジャ(鶏肉のスープごはん)(6月23日、ヴィラ・ジ・ペラーダス)

地球最大のアホース・ドースィ(お米やココナッツミルクを使ったスイーツ)(6月24日、14時~、アンチーゴ・パチオ・ダ・フェイラ・ダ・ヴィラ・ケネジー)

巨大とうもろこしパン(6月24日、20時~24時、ジヴィノーポリス、アントニオ・メニーノ通り)

巨大タピオカケーキ(6月24日、20時~24時、サウガード、チジュッカ通り)

巨大ドレス型ケーキ(6月25日、20時~24時、シダージ・ジャルジン広場)

世界最大のマカシェイラ(マンジョッカ芋の一種)ケーキ(6月27日、19時~、インジアノーポリス、ラルゴ・ド・コンヴェント)

世界最大のシェレン(挽きとうもろこしを使った庶民的料理)(6月28日、12時~、ヴィラ・ド・ハファエウ)

サウガジーニョ・ド・ベリシコ(6月28日、20時~24時、サウガード、ドウトール・ペドロ・エウスタキオ・ヴィエイラ通り)

世界最大のクアレンタ(トウモロコシを使った庶民的料理のひとつ)(6月29日、14時~、サンタホーザ、フェイラノヴァ通り)

とうもろこし祭(6月29日、17時~、ヴィラ・ド・ムリシ)

ムングザー(挽いた白とうもろこしを使った甘いおやつ)祭(6月29日、15時~20時、セントロ、7月14日広場)

焼きとうもろこし(6月29日、20時~、ジョアンモッタ、サォン・ニコラウ通り)

(文/麻生雅人、写真/Rafael Lima (14/06/2015))

■関連記事
アサイー、バクリ、プリプリオッカ…。アマゾンの恵みを使ったブラジルならではのクラフトビール
ブラジル人キャラ…出身州や市でお人柄が違うようで
リオデジャネイロで路上の石畳アート展、開催
ブラジルでも「街コン」!   早々と誕生したカップルも
ヘシーフィでもフェスタジュニーナ開幕

このエントリーをはてなブックマークに追加