• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルには肥満者専用のサッカー観戦チケットがある!?

肥満優先

先月ベレン市に行った時に、空港で面白いものを見つけました。よくある優先席の表示かと思いきや、日本では見慣れない絵がありました。

肥満の人を表す表示です。ペルナンブーコ州では今のところ同じような看板を見かけたことがないので、州によって取り扱いが違うのかもしれません

ちょっと前の話ですが、2014年にブラジルでワールドカップが開催された時、ぼくもレシフェ(ヘシーフィ)のスタジアムに試合を見に行きました。チケットは FIFAのウェブサイトに登録して購入しました。

FIFAのチケットの種類は1~4等まで。その他に、車いす、身体障碍者の 専用のチケットがあり、さらには、「肥満の人専用」のチケットなるものがありました。

肥満専用のチケットとはなんぞや?

車いすや身体障碍者の方の専用チケットは分かる。しかし、なぜ肥満専用のチケットがあるんだろう。

ワールドカッ プのチケットは先着販売のフェーズでは一瞬にして空きが無くなってしまいます。ところが憎らしいことに、肥満専用のチケットは大分空きがあります!

肥満といっても、どこからが肥満とみなされるのでしょう? まさか、入場するときに、体重を測るわけでもあるまいし。肥満専用チケットの席が、あるエリアに固められていたとしたら、ちょっと、異様な光景になりそうですね。ちなみに、肥満者専用チケットは、ブラジル在住者専用のチケットで、非居住者は購入できない不思議なチケットでした。

肥満者のチケットといえば、以前、サモアの航空会社では、体重によって値段を買えるという販売戦略をとっているということがブラジルで論争になったことがあるそうです。飛行機の重さによって燃料の消費が異なるので、体重が軽い人の料金は安く、体重が重い人の料金は高くなるのだとか。サモアには、肥満気味の人が多く、航空会社の燃費負担が大きいことからこのような方針がとられているということです。日本ではちょっと考えられない販売戦略ですね。

(写真・文/唐木真吾)

■関連記事
パソコンにまつわるブラジルあるある
肥満優先席まであるサンパウロ。州人口の半分以上が体重過多に
五輪開催に向けて再開発中のリオ市港湾地区で、新装マウアー広場がお披露目
リオでアルゼンチンの国民的人気漫画マファルダ展を開催
第17回リオデジャネイロ国際ブックフェア開催中

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2011年、社会人6年目に大学時代からの趣味であった海外一人旅が高じて、インドネシアのジョグジャカルタに4ヵ月間留学。帰国後、勤めていた監査法人を退職し、練馬のおんぼろ木造共同アパートを拠点にジャカルタでの就職活動を展開するも、予想外にもそれまで関係のなかったブラジルで働くことに。2012年からブラジル、ペルナンブーコ州ペトロリーナ在住。いまではすっかりブラジルの魅力にハマってしまいました。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、あまり日本人の居ないブラジル北東部のさらに内陸部からローカルな情報を発信しています。