• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

アマゾンの滋養強壮酒、ガラピンを飲んでみた

ガラピン

ブラジルの代表的な炭酸飲料といえば、ガラナ。ガラナという果物の果実を原料にした飲み物です。日本でも北海道のスーパーやコンビニでは当たり前のように並んでいるので、聞いたことがある人もいるかもしれません。

ガラナ(guaraná)はアマゾン原産の植物で、インディオは黒い種子を粉にしたものをお湯に溶かして飲んでいたそうです。実はカフェインが豊富に含まれていることが特徴です。ガラナを摂取すると、疲労回復、滋養強壮の効果があると考えられています。

ガラナという名前は、トゥピ語のワラナー(wara’ná)に由来しています。ワラナーとは「人々の目のような果実」という意味があるそうです。果実が熟すと中の白い果肉と黒い種が露出して人の目に見えることからこの名前が付けられたのでしょう。見た目はちょっとグロテスクです。確かRPG「ファイナルファンタジー」のザコキャラでこんなヤツがいました…。

8月にベレン市に行った時に、現地に住んでいる方から「ガラピン」というお酒をいただきました。これは、ピンガ(サトウキビから作る蒸留酒)にガラナの種子を入れて、半年ほど寝かせたもので、日本の養命酒のようなものだそうです。

家に帰ってから早速飲んでみました。飲んですぐに、エネルギーが満ち溢れてきたような気がしましたが、ベースとなっているピンガがアルコール度数40度くらいのお酒なので、単に酔っぱらっただけかもしれません。飲んだ後は、舌が茶色に染まります。アマゾンに行く機会があれば是非一度ご賞味ください。

(写真・文/唐木真吾)

■関連記事
教科書には載っていないけど、ブラジルに住んでいると良く聞く、つい使いたくなるポルトガル語
「経済的開放度」、ブラジルはG20で最下位。日本は…
五輪開催に向けて再開発中のリオ市港湾地区で、新装マウアー広場がお披露目
リオでアルゼンチンの国民的人気漫画マファルダ展を開催
五輪開催地のリオで名物ロックフェス、今年も開催へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

1982年長野県生まれ。2005年に早稲田大学商学部を卒業後、監査法人に就職。2011年、社会人6年目に大学時代からの趣味であった海外一人旅が高じて、インドネシアのジョグジャカルタに4ヵ月間留学。帰国後、勤めていた監査法人を退職し、練馬のおんぼろ木造共同アパートを拠点にジャカルタでの就職活動を展開するも、予想外にもそれまで関係のなかったブラジルで働くことに。2012年からブラジル、ペルナンブーコ州ペトロリーナ在住。いまではすっかりブラジルの魅力にハマってしまいました。ブログ「ブラジル余話(http://tabatashingo.com/top/)」では、あまり日本人の居ないブラジル北東部のさらに内陸部からローカルな情報を発信しています。