• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「TOHOKU & TOKYO in RIO」にフェジョンプレット選抜メンバーとともに出演します

工藤めぐみ リオ 

私は神戸生まれで、9歳の時に 阪神淡路大震災を経験しました。

リオデジャネイロ市と神戸市は姉妹都市で、神戸には昔からサンバがあります。

子供の頃に経験した阪神淡路大震災をきっかけに、落ち込んだ暗い気持ちを元気にすべく親子で始めたサンバ。

9歳でサンバを始めて、19歳のときに単身で、ここリオ・デ・ジャネイロに渡り、日本とブラジルの往復生活はもうすぐ12年目に入ります。何度行ったり来たりしただろう。

リオのカーニバルのオーディションを受け続けて、パシスタとして頑張ってきました。

2016年にリオでオリンピックが開催されることが決まり、2020年に日本でオリンピックが開催されると決まった時、「うそだ!! 本当に!? 夢みたい! 何か架け橋になれたら」と、頭の中でいろんな想いが巡りました。

周りも自然と「めぐちゃん、やったね! リオ・オリンピックの次は、日本のオリンピックじゃん、何かに繋げられるとしたら、めぐちゃんしかいないと思う!!」と言ってくれるようになりだし、みんなが自然と私の背中を押してくれていました。

ブラジル滞在中はさまざまな所に自分で足を運んで、色んな人に自分の夢や希望をお話しさせて頂く機会を頂いたり。

こんなキチンとした会でマイク持ってお話しさせて頂いたりすると、「私、場違いなんじゃないか」とか、
足が震えた事も(笑)。でも、みなさんとっても優しい方ばかりで。

一昨年、2015年のリオ滞在中にはカーニバルに向けての練習をしつつも、リオ・オリンピックへ向けて自分で出来る事を考えて、やれるだけのことはやってきました。

そしたら、ひとつのメールが舞い込んで来ました。

「リオ・デ・ジャネイロから東京都オリンピックの架け橋役として出演してくれませんか」

震えました!

私を見つけて下さった方は、神戸出身の女性で、このBlogで私の活躍を見て下さったとの事。2008年から頑張って書き続けてきて良かった!

そのステージとは、ライブサイトRio 2016 Live Site Praca MAUA。パブリックビューイングスペース
特設エキシビションステージです。

東京都が主催するイベント「TOHOKU & TOKYO in RIO」で、工藤めぐみは念願だった<ブラジルと日本の架け橋>となって、サンバを踊らせて頂く事に決まりました。そして、とてもありがたい事に、このステージのトリを飾らせて頂きます。

その上なんと、大切に大切に育ててきた神戸のチーム 「フェジョン・プレット」の生徒が日本から来て、日本人だけのグループとしてここリオ・デ・ジャネイロでサンバショーを披露します。これは史上初だと思います。

選抜メンバーは、10年以上私が大切に育てて来た実力派メンバー中心です。

私が19歳の頃から教室をしているので、気がつけば当時小学生低学年だった子が、もう社会人や大学生なんですよね。

現地のブラジル人にも観てもらえる素晴らしいステージをお届けできる自信があります。

自分が信じたままに行動していれば、いつかそれが形になる。改めて、思いました。正直、悔しいことももちろんたくさんありました。でも諦めないでやっていたら叶うこともあるんですね。

「TOHOKU & TOKYO in RIO」は、次期五輪の開催地“東京”と、震災後多くの国から支援を頂いた被災地“東北”の復興とが、世界に向けて感謝の思いをアピールするイベントです。東京・東北の伝統的祭りのライブパフォーマンスが披露されます。

8月18日(木)
『TOHOKU & TOKYO in RIO』

1回目公演;13:00~14:30
2回目公演;16:30~18:00(予定)

会場 セントロ(Centro)地区のライブサイト(Rio 2016 Live Site)内のプラザ マウア(Praca MAUA)

公式サイトはhttps://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/events/13874/。

(写真・文/工藤めぐみ)

■関連記事
リオ・オリンピック開会式 マラカナン会場の柱に登場!
オリパラ期間中の移動にはこれ! 公共交通機関の「リオカード」
リオ五輪選手村、アスリートの不満は設備よりポケモンの不在!?
映画「ペレ 伝説の誕生」にブラジルサッカーの真髄を見た
オリパラ開催期間限定!リオカルチャーパスポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

著者紹介

工藤めぐみ Megumi Kudo 9歳よりクラシックバレエを基礎にサンバを始める。2008年にリオデジャネイロの名門エスコーラ・ジ・サンバ「サウゲイロ」のパシスタのオーディションに合格。2009年~2011年、2013年~2014年に同団体のパシスタとして、リオのカーニバルに出場している。「サウゲイロ」の選抜メンバーによるサンバショーのメンバーでも、唯一の日本人として参加している。帰国中は、プロフェッショナルのダンサー(SMAPドームツアー、山下智久コンサートのサンババックダンサーなど)や、ダンスインストラクターとして活躍。神戸にてダンス教室「MEGUサンバダンス」を主催するほか、地元のサンバチーム「Feijão Preto(フェジョン・プレット)」のダンサーリーダーも務める。神戸まつり、浅草サンバカーニバルをはじめ全国のサンバ関連イベントでも活躍。

「Feijão Preto(フェジョン・プレット)」http://www.feijaopreto.net/
「MEGUサンバダンス」http://www.feijaopreto.net/sambadance.htm