• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

シェアードオフィスならぬシェアードスクール!?
不況下のブラジルで新業態

シェアードオフィス

景気の底は打ったといわれるものの、消費者の行動に景気の力強い回復を感じるまでには至っていない様子のブラジル。現在の政界スキャンダルが、経済の回復にとって重しになる可能性も指摘されている。

表面的にはあまり明るいニュースが聞こえてこない近頃のブラジルだが、長い厳しい不況の中ではぐくまれてきた知恵や技術が様々な場面で実を結びつつある。

TVグローボが5月21日、経済情報番組「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」で伝えたところによると、同国では、経営資源の共有によりコスト削減・合理的経営をはかる起業家が増えているという。

サンパウロ市の歴史ある小学校は、構内の一部教室に英語学校の看板を掲げた。英語学校による、いわば“シェアドスクール”だ。

サンパウロで展開するフランチャイズ英語学校「ピングーズ・イングリッシュ」にとって、教室をシェアードスクール形式にするメリットは大きい。

(次ページへつづく)

(文/原田 侑、写真/Reprodução/「Pequenas Empresas & Grandes Negócios」/TV Globo)
写真はブラジルの「Pingu’s English」。TVグローボ「ペケーナス・エンプレーザス・イ・グランヂス・ネゴーシオス」より。TVグローボ系列の番組はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴の問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで

■関連記事
ブラジルで空前の起業ブーム到来!?  勤続期間補償基金が一時的に引き出し可能に
国際シンポジウム「リオから東京へ 建築がつなぐオリンピックと都市計画」開催される
ブラジルの国民的カクテル「カイピリーニャ」の起源は薬用酒!?
環境および社会の再生に貢献したプロジェクトを表彰する「Lush Spring Prize」でブラジルの3つの活動が受賞
NASAが木星の最新探査データを公表

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加