ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

たかがビーサンと侮るなかれ。「ハワイアナス」の兄弟ブランド「デュペ」が開発した高機能技術とは!?

デュペ ビーチサンダル

HXP GELの「H」は「High Comfort(高い快適性)」。「X」は「Expanded Manner(拡張された方法)」からきており、サンダルの原料や染料が金型に入れられるとき、この高分子ポリマージェルはサンダルの踵の部分に注入されます。「P」は「Penta-Polymer(「ペンタ・ポリマー」という新素材)を指しているそうです。

レボリューション、ソフト、ファンのシリーズでは、HXP GELが優れたクッション性で衝撃を吸収してくれ、これまでのビーチサンダルでは体験できなかった柔らかな履き心地が実感できます。

踵部分に注入されたHXP GELは小さな気泡状になっていて、この気泡がクッションの役割を果たし衝撃を吸収しているのです。踵の部分をマッサージすると、摩擦する度に柔らかくなり、履き心地が良くなります。このテクノロジーは、脊椎の健康や足の健康にも良い効果をもたらすといわれています。

また、ケミカル素材のビーチサンダルは人体に有害な薬品を使用しているといわれていますが、デュペは素材にもこだわっています。

デュペのこれらのラインでフットヘッドやソールに使用しているのは、アマゾン地方が原産の柔らかい天然ゴム。防臭効果もあります。天然ゴムはアマゾンのゴム農園で、現地の自然環境などを守る特例法に基づいて採取されています。森を破壊しないように、ゴムを採取する先住民族の生活リズムに合わせて採取されるよう管理されています。

鼻緒にもノン・フタル酸を使用、お子様にも安心してはいて頂けるよう細心の注意を図って製造されてます。ソフトストラップ仕様なので、長時間履き続けても指の付け根が疲れません。

たかがビーチサンダル、と侮るなかれ。この国の生活に密着しているブラジルのビーチサンダルは、健康や自然環境、医学面にまで気を配った新しい技術が反映され、さらにより快適な履き心地を追求したハイスペックな製品へと進化しつけているのです。

入荷など商品のお問い合わせはOAK COMPANY 03-5768-1371 大塚まで。

(文/大塚肇、写真提供/OAK COMPANY)

■関連記事
履いてみれば違いがわかる! リオのサンダル・ブランド、ケネル
カラーバリエーションは約2000種類! ブラジル発超軽量スニーカー「MAZ」が日本上陸
W杯開催中ブラジルの空港では観光客を、みんなが大好きな「アレ」でおもてなしする!?
アディダス×「FARM(ファーム、ファーミ)」のコラボライン、日本でもオンラインで先行発売中
ブラジル文化省が7都市のファンフェスト会場などで、各地の民芸アートを紹介

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加