ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

フラネリーニャ(自称「車の掃除人」)、道路の公共スペースをインターネットで売出す

フラネリーニャ

他の都市では停めようとする車に近づいてきて手を出すだけ、ということが多いが、ゴイアニアのフラネリーニャはまず恰幅がよく、ニュースの取材陣に対し「金がないと話にならない」「払わなければ停めさせない」と明言している。

ゴイアニアのフラネリーニャたちを支えている背景として自分専用の駐車スペースを確保するために月極めでカフェジーニョを払っている顧客の存在がある。中には15年間も同じフラネリーニャと月極契約をしている顧客もいるという。

ゴイアス大通りで工事現場用のコーンを立ててある場所は、そういった月極契約の客用スペースを意味する。

フラネリーニャにカフェジーニョを払わないで車を停める場合は車の中にとどまらざるを得ない。車を離れると、壊されたり傷を付けられたりして余計に高くつくからだ。

ゴイアニア市も警察も、これまでフラネリーニャが工事用コーンなど商売道具を道路に置いていても撤去する気配はなかった。市いわく、路上におかれているコーン等の道具の意味合いを今まで知らなかったとのことだ。

今回売りに出された場所の特定を市が警察に依頼したところ、道路の真ん中だったことが判明したという。

(文/余田庸子、写真/Reprodução/Bom Dia Brasil/TV Globo)
写真はゴイアス市のフラネリーニャ、「ボンジーア・ブラジル」より。TVグローボのニュース番組「ボンジーア・ブラジル」はIPCTV(グローボ・インターナショナル)で放送中。視聴のお問い合わせは、080-3510-0676 日本語対応ダイヤルまで)

■関連記事
「Oi! Brasil 2015 ~この夏、サンパウロに恋して」をメンズ目線で楽しんでみた
サンパウロ・ファッションウィーク2015年秋冬コレクションはじまる
不況、不景気、通貨安、贈収賄事件に揺れるブラジル…実は今こそ進出のチャンス!?
ブラジリアでデモ隊と警察が衝突
4月12日、大規模抗議デモ写真集。デモの参加人数は3月より下回る

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加