ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

サッカー、2017年クラブW杯。南米代表ブラジルのグレミオは準優勝

レアル・マドリード(スペイン)対グレミオ(ブラジル)

サッカーのクラブ世界一を決めるFIFAクラブワールドカップ(以下クラブW杯)が12月6日から12月16日までアラブ首長国連邦で行われた。

2016年は日本で開催され、開催国代表の鹿島アントラーズが決勝まで進み、ヨーロッパ王者のレアルマドリッド相手にあわよくばというところまで行き、日本では相当に盛り上がったことを思い出す。

今年(2017年)は会場こそ日本ではないが、浦和レッズがJリーグ勢としては9年ぶりにアジア王者として、また本田圭佑が所属するパチューカも中南米代表として出場することで、日本人にとって注目度の高い大会となった。

また、南米代表ではブラジルのグレミオが出場することになったため、ブラジルサッカーを愛する者にも見逃せない大会となった。なにしろブラジルのチームが出場するのは、2013年のアトレチコミネイロ以来4年ぶりとなるのだ。

(次ページへつづく)

(文/コウトク、写真/LUCAS UEBEL/GREMIO FBPA)
写真は12月16日、アブダビで行われたクラブW杯決勝、レアル・マドリード(スペイン)対グレミオ(ブラジル)

■関連記事
ブラジレイラォン(ブラジル全国選手権2017)第三十八節結果
ブラジレイラォン(ブラジル全国選手権2017)第三十七節結果
ブラジレイラォン(ブラジル全国選手権2017)、第三十五節でコリンチャンスの優勝決まる
日本のスポーツスタジアム環境を変えるお手本になる!? ブラジルのスタジアム最新事情
今最も注目されるブラジル人選手、プレミアの舞台で躍動するガブリエウ・ジェズス

1 2 3
このエントリーをはてなブックマークに追加