ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

元サッカー日本代表の呂比須ワグナーが「グレート・アマゾン・フィッシング・ラリー」大会アンバサダーに就任

6月20日(木)からブラジルのゴイアス州で開催される釣りの世界大会 「グレート・アマゾン・フィッシング・ラリー」 の大会アンバサダーに、呂比須ワグナー 元サッカー日本代表が就任したと るとGreat Amazon Fishing Rally Associationが発表しました。  

「グレート・アマゾン・フィッシング・ラリー」は、世界各地から名乗りをあげたプロフィッシャーがブラジルの大アマゾンで初代「アマゾンフィッシングマスター」の称号をかけて挑む釣りの大会で、ラリー形式で行われる釣りの世界大会は今回が世界初になるとのことです。

大会での釣りはすべてルアーフィッシングで行われ、競技は、世界最大の淡水魚といわれるピラルクーや巨大なまずピライーバ、ゲームフィッシングで人気が高いというトゥクナレー(ピーコックバス)など、6種の魚類を対象に行われます。

大会アンバサダーに就任した 呂比須ワグナー 元日本代表は「長い間日本でやってサッカーをしてきましたが、実は私は釣りが大好きです。みなさんにもこの大会を応援してもらえると嬉しいです」と語っています。


呂比須ワグナー 元日本代表 と同じく大会アンバサダーに就任した、エベレストの世界最高齢登頂記録を3度更新しているプロスキーヤー・冒険家の三浦雄一郎さんは、「人類の冒険心が人と自然が共生する新たな扉をひらく可能性を秘めた素晴らしい大会の開催を心より応援いたします」とのコメントを大会に寄せています。

この大会は開催地となるサン・ミゲウ・ド・アラグアイア市の公認イベントとして認定されており、大会開催期間中の警備や保険サービスなどを市がサポートするとのことです。

大会期間中には、市が提供する会場で毎晩「PINK DOLPHIN NIGHT」が開催され、シェハスコや、ゴイアス特産の食材ペキを使用した郷土料理が振舞われるとのことです。

大会は 6月20日(木)から27日(木)まで、ブラジルのゴイアス州サン・ミゲウ・ド・アラグアイア市 にて 開催され、参加選手の発表は3月上旬に行われるとのことです。

大会概要 大会名 : Great Amazon World Fishing Rally
開催期日 : 2019年 6月20~27日
開催場所 : ブラジル ゴイアス州
主催 : 一般社団法人Great Amazon Fishing Rally Association
共催 : Amazon Touch ltda
後援 : ブラジル ゴイアス州
協賛/協力 : Shinko Always Co., EcNA Inc., JET Coporation, Empresa Keiryu REWILD
参加選手: 全世界

公式サイト https://rally.fish/

(文/麻生雅人、写真提供/Great Amazon Fishing Rally Association)

■関連記事
ピラルクーを使ったドレスシューズをイタリアのグイドマッジが発売
世界最大級の淡水魚ピラルクー
「One Championship」、日本初上陸に先駆け公開ワークアウトを開催
いよいよ開幕、州選手権。そして2019年のブラジルサッカー スケジュールは…?
ブラジルの“ボテコ料理”が楽しめる「ボン・フルート」が人形町に開店

このエントリーをはてなブックマークに追加