ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

元鹿島アントラーズのアルシンド氏が日本で交流会を開催

2015年フォス・カタラタスで監督を務めたアルシンド氏(写真/ Christian Rizzi/Foz Cataratas/Divulgacao)

***大泉町での交流会も追記しました***

鹿島アントラーズでJリーガーとして活躍したアルシンド元選手が来日して、群馬県大泉町と東京・青山の駐日ブラジル大使館で、サッカーファンとの交流会を行います。

アルシンド氏を招へいするのは南米を中心とするツアー商品などを扱う旅行会社の株式会社アルファインテルで、同社は「より多くの人にブラジルのサッカーの魅力を知ってほしい」と述べています。

12時30分~14時は「カサブランカ大泉」(大泉町坂田4-18-1)でランチ交流会が行われます。入場料は3000円(支払いは当日、ランチブッフェ)です。申し込みは大泉町観光協会 TEL:0276-61-2038まで。

18時30分からは駐日ブラジル大使館(東京都港区北青山2丁目11-12)で トーク&交流会が開催されます。入場は無料です。申し込みは10月7日(月)まで。申し込みと問い合わせは http://japan.alfainter.co.jp/formulario/ まで。

両イベントとも定員に達し次第締め切りとなるとのことです。

(文/麻生雅人)

■関連記事
ブラジルワインとイタリア移民が伝えた味を楽しむ会、10月5日に開催
アルシンドが監督として現場復帰。注目の行先はまさかの女子チーム
かつら会社CMで大農場主になったアルシンドが日本にエール。「本田ゲンキは日本ゲンキ!」
9月16日は「アサイーの日」。アマゾン地域への日本人移民90周年を祝して制定され
巨大ポレンタ、今年も準備万端。ポレンタ祭り、10月4日から開催

このエントリーをはてなブックマークに追加