ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ロジェリオ五十嵐ヴァズさんがコアントローを使った期間限定のカクテルを提供

BAR TRENCHのロジェリオ五十嵐ヴァズさん(写真提供/レミー コアントロー ジャパン株式会社)

リキュールのブランド「コアントロー」が現在開催中のプロモーションイベントにおいて、期間限定で、ブラジル出身のバーテンダー、ロジェリオ五十嵐ヴァズさんが考案した2種類のレシピが提供されている。

コアントローは、1849年にフランスでコアントロー兄弟が創業した蒸留所がつくるオレンジリキュール。サイドカーや、松田優作が主演した映画「野獣死すべし」(80)でも有名なXYZ(エックス・ワイ・ズィー)といったカクテルのベースとしても知られ、バーではおなじみのお酒。

現在コアントローは、注目を集めている5店のバーを舞台に週替わりで、コアントローを使ったクリエイティブなカクテルを提供するプロモーション「How To COINTREAU」-THE ART OF THE MIX-を開催している。

同イベントの5週目の舞台に選ばれたのが、英レストランマガジンが選出する「アジアのベストバー50」に4年連続ランクインしており、2019年は23位に選ばれた恵比寿の「BAR TRENCH」だ。 ロジェリオ五十嵐ヴァズ さんがヘッド・バーテンダーを務める同店は、クラフトカシャッサを使ったカクテルが飲める店としても名高い。

今回ロジェリオさんが考案したカクテルは2種類。

「Le Scooter」 (写真提供/レミー コアントロー ジャパン株式会社)

「Le Scooter」はサイドカーを現代的な東京スタイルに、ネーミングとともにアレンジしたもの。コアントローをベースにドライシェリー、ビターリキュールとレモンを合わせることで、奥にかすかな苦みを秘めたシトラス香るカクテルとのこと。

「ROYAL BERMUDA YACHT CLUB」 (写真提供/レミー コアントロー ジャパン株式会社)

「ROYAL BERMUDA YACHT CLUB」はダイキリから生まれたクラシックなラムベースのカクテル。炙ったオレンジピールのアロマがアクセントを与えているという。

両カクテルが提供されるイベント期間は10月27日(日)まで。  BAR TRENCH (住所/渋谷区恵比寿 西1-5-8 DISビル102、電話/03-6416-5252、
営業時間/月~土 19:00~2:00、日祝 18:00~1:00 )。

(文/麻生雅人)

■関連記事
ブラジルの近代写真の先駆者「トマス・ファルカス写真展」開催中
アンナ・セットンが来日、「BOSSA AOYAMA 2019」に出演
バジ・アサージが初来日
82歳の鬼才トン・ゼー、奇跡の初来日!
ダニ&デボラ・グルジェウ・クアルテート、2019年はブルーノート東京とモーションブルー横浜に出演

このエントリーをはてなブックマークに追加