ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ベラトール×RIZIN対抗戦の追加対戦カード発表に。ブラジルからはゴイチ・ヤマウチ、イララ・ジョアニ、ジョン・マカパも参戦

ブラジルのジョン・マカパ選手の写真を手に撮影に応じる朝倉未来選手(撮影/Viviane Yoshimi)

11月14日(木)、東京都内のホテルにて、12月29日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催される「BELLATOR  JAPAN」と、12月31日(火)に同会場で開催される「RIZIN.20」についての記者会見が行われた。

BELLATOR(ベラトール)とは、アメリカ合衆国の巨大格闘技プロモーション。日本初上陸となる今回のイベントでは、RIZINとの対抗戦も予定されている。

会見では29日と31日に行われるBELLATOR×RIZINの5対5の対抗戦とそのほかのカードの発表が行われたほか、31日に行われる予定だった堀口恭司選手と朝倉海選手のバンタム級タイトルマッチの中止が発表された。

堀口選手は長年の体の不調の蓄積により、靭帯のけがを負ったという。

「“良い機会だからしっかり休んで、またゼロから作り直して行きなさい”と言う事なんだと受け止めています。これを乗り越えないと、僕のテーマである『日本の格闘技を盛り上げる』」ということは成し遂げられないと思います。PRIDEを見て育ち、それに憧れて格闘技を始めた自分としては、日本の格闘技をそれと同じか、それ以上に盛り上げて行きたいと思っています」(堀口恭司選手)

BELLATOR×RIZIN対抗戦は29日に3試合、31日に2試合組まれる。

29日は愛知県安城市生まれの日系ブラジル人、ゴイチ・ヤマウチVSダロン・クルックシャンク(アメリカ合衆国)、ブラジルのピットブル・ブラザーズ所属のイララ・ジョアニVS渡辺華奈、ロレンズ・ラーキン(アメリカ合衆国)VS中村K太郎がそれぞれ対戦する。この日はユニファイドルール、ケージで行われる。

29日の対抗戦3試合は、すでに発表されているエミリヤーエンコ・ヒョードルVSクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンとマイケル・チャンドラーVSベンソン・ヘンダーソン戦とともに、アメリカ合衆国で生中継されるとのこと。

会見の模様(撮影/Viviane Yoshimi)

日本のRIZINをベースに試合をしてきた日本の選手たちにとって今大会は、全米のたくさんの視聴者に試合を見せる大きなチャンスになる。

「アメリカ合衆国、本場のBELLATORでぜひ試合をして欲しい、というオファーを勝ち取っていければ、選手たちに扉は開かれています。RIZINがスタートで全米、BELLATORでトップをはれる選手がでてきてもらえれば…。RIZINは選手を囲い込む気持ちがないので。選手にはRIZINに対する思いを持ってもらいながら、志のなかでアメリカ合衆国で”やってみたい”ということがあれば、しっかりこの機会にアピールしてもらいたい」(RIZIN榊原信行CEO)

31日は元谷友貴VSパトリック・ミックス(アメリカ合衆国)、ブラジルのジョン・マカパVS朝倉未来が行われる。この日はRIZIN MMA ルール、リングで行われる。

各選手のコメントは以下のとおり。

<ゴイチ・ヤマウチ選手>

「日本で試合をすることは自分の中で特別なことだ。格闘技を始めた頃から自分と家族の夢は日本で試合をすることだったので、これが現実になった喜びは言葉に表せない。みんなが納得するような試合をするために残された時間で精一杯練習したい。自分は日本人の血を持ち、日本の文化で育てられ、日本の地でベラトールを背負って戦うことを誇りに思います」

<イララ・ジョアニ選手>

「日本で戦えることを嬉しく思います。歴史的な試合が数多く行われ、偉大な選手が戦った場所で戦えることを光栄に思います。対抗戦に選んでくれたベラトールには感謝して、期待に応えられるようにたくさん練習をしています。わたしの目標はチャンピオンになること、そしてチャンピオンで居続けること。この試合はその目標への大きな一歩になると思います。日本のファンにわたしの試合を見てもらうことを楽しみにしています」

<ジョン・マカパ選手>

「自分は日本のさいたまスーパーアリーナで戦えることで一つの夢を叶える。沢山のブラジル人が栄光を勝ち取った場所だ。自分がベラトール代表としてRIZINのリングで日本のアスリートと戦えることはこの上ない名誉だ。早く試合をして、勝利を母国に持ち帰りたい」

さいたまスーパーアリーナで夢を叶えるために、年末に、多くのブラジル人戦士が日本にやってくる。

(文/Viviane Yoshimi)

■関連記事
ベラトール、RIZINの協力で日本初上陸へ
【RIZIN.19】ホベルト・サトシ・ソウザ選手、試合後インタビュー。「RIZINのベルトが日本に欲しかった」
ONE Championship ビビアーノ×ベリンゴン戦は不本意な結果に!?
【RIZIN.19】パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手、試合後インタビュー。「勝者は一人。わたしはわたしの試合をします」
アスリートに朗報。アサイーの造血機能性に関する研究発表会、開催される

このエントリーをはてなブックマークに追加