ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

8月9日、10日に格闘技イベントRIZIN22・23、横浜・ぴあアリーナMMで開催へ

7月9日(木)、RIZIN22&23の記者会見に出演したホベルト・サトシ・ソウザ選手(右)(撮影/Viviane Yoshimi)

7月9日(木)、東京都内のホテルにて8月9(日)に横浜・ぴあアリーナMMで開催される「RIZIN.22-STARTING OVER-」と8月10(祝・月)に同会場で開催される「RIZIN.23-CALLING OVER-」についての記者会見が行われた。

2日間にわたって開催される本大会には、各日それぞれにサブタイトルがつけられている。RIZIN.22の「STARTING OVER」には再出発という意味が込められているという。

RIZINの榊原信行CEOは会見で「RIZINという格闘技の生命体を維持するために、そして未来へむけて継続をするためにクラウドファンディングの協力をして欲しい」と呼びかけた。

7月9日(木)、RIZIN22&23の記者会見(撮影/Viviane Yoshimi)

また「RIZIN.23のサブタイトル、CALLING OVERには格闘技を愛するファン、選手、主催者が集まりエネルギーの交換をし、最高の空間をつくるために集まって欲しいという意味が込められている」と話した。

さらに会見ではバンタム級タイトルマッチを含む全8カードが発表された。

ブラジル人選手のホベルト・サトシ・ソウザ選手はRIZIN.22で矢地祐介選手と対戦することが発表され「ほんとうに、よい試合を見せたい。わたしのことを信じて、よい試合をみんなに見せます」とコメントした。

前回のライト級GPでジョニー・ケース選手に敗れたあとはしばらくMMAを離れたいと語っていたサトシ選手だったが、RIZINのリングに戻ってきた理由とモチベーションの変化を語った。

「負けた試合は、よい試合をしていなかったので恥ずかしい気持ちがあります。もちろん勝ちたいですが、一番は良い試合を見せたい。そしてモチベーションがとても変わりました。MMAは2〜3年で辞めたいと思っていましたが、全て良い試合を見せてチャンピオンになりたいです」(ホベルト・サトシ・ソウザ選手)

「理由は、わたしが負けたときは家族も生徒も悲しく、さみしく思うようで、、、もう、そのような気持ちにはさせたくないと思ったからです」(同)

その他発表されたカードは以下のとおり。

(8月9日)

■RIZIN  MMA ルール
矢地祐介 vs. ホベルト・サトシ・ソウザ

■RIZIN  女子MMA ルール
浅倉カンナ vs. 古瀬美月
 
■RIZIN  MMA ルール
井上直樹 vs. 渡部修斗

■RIZIN  MMA ルール
関 鉄也 vs. 内村洋次郎

(8月10日)

■第3代RIZINバンタム級王座決定戦
扇久保博正 vs. 朝倉 海

■RIZIN MMA ルール
元谷友貴 vs. 魚井フルスイング

■RIZIN MMA ルール
伊藤盛一郎 vs. 神龍 誠

■RIZIN MMA ルール
斎藤 裕 vs. 摩嶋一整

『#RIZIN活動継続クラファン』
https://rizin-cloudfunding.lixve.jp/

■大会概要

名称/RIZIN.22
日時/2020年8月9日(日)15:00開始(予定)
終了予定時間/19:00〜20:00頃
会場/ぴあアリーナMM
主催/RIZIN FIGHTING FEDERATION
https://jp.rizinff.com/_ct/17367330

名称/RIZIN.23
日時/2020年8月10日(祝・月)15:00開始(予定)
終了予定時間/19:00〜20:00頃
会場/ぴあアリーナMM
主催/RIZIN FIGHTING FEDERATION
https://jp.rizinff.com/_ct/17371252

(文/Viviane Yosimi)

■関連記事
ホベルト・サトシ・ソウザ選手、日系ブラジル人へエール送る
【RIZIN.20】ブラジル人ファイター対決はピットブル選手に軍配
【RIZIN.20】ジョン・マカパ選手 試合後インタビュー
【RIZIN.19】パトリッキー・“ピットブル”・フレイレ選手、試合後インタビュー。「勝者は一人。わたしはわたしの試合をします」
科学者グループが新型コロナウイルスに関する共同意見書を提出。公共交通機関での密集は要注意

このエントリーをはてなブックマークに追加