ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルは世界で3番目のビール消費国

世界の市場シェア5位のビール「スコウ」(写真/Mark Hillary

ブラジルは中国と米国に次ぎ、世界で3番目のビール消費国であるというデータを、国内の主要なオンラインストアの割引クーポンを配布するポータルサイト「CupomValido.com.br」が公表したと現地メディア「ア・ガゼッタ」(電子版、5月3日づけ)が報じている。

同サイトによるとこのランキングは、クレディ・スイス、ユーロモニター、スタティスタの調査結果を統合した結果とのこと。

データによると、ブラジル人は1か月あたりビールを平均6リットル消費し、ビールに対する1週間あたりの平均支出は46レアル、1か月の支出は184レアルだった。また、回答者の9%は週に101レアル以上をビールに支出していた。

ブランドでは最も売れているビールは「スコウ(Scol)」で、「ブラーマ(Brahma)」と「アンタルチカ(Antarctica)」が続いた。この3ブランドともアンべブ傘下のブランドだ。4位は「スキン(Schin)」、5位は「イタイパーヴァ(Itaipava)」だった。

国外ブランドの「ハイネケン」も人気のあるビールだが、クレディスイスの評価によると、在庫不足と価格の差(高価格)が売り上げに関係しているとのこと。

また同調査によると、ブランドが選別される理由の1番は「味」で、2番目が「価格」、3番目が「ビールのタイプ」だった。回答者の47%は、商品の容器は「ガラス瓶」を好み、「缶」を選択したのは39%だった。

最も多くビールを飲む国は中国、世界の消費量の27%を占めた。アメリカ合衆国は13%、ブラジルは7%だった。

データでは、世界で最も売れているビールは「雪花」で市場シェア:5.5%で、これに「青島」が続き、上位2位を中国のブランドが占めた。3位は「バドライト」、4位は「バドワイザー」だった。5位がブラジルの「スコウ」で市場シェア:2.1%だった。

同サイトによるとこのランキングは、クレディ・スイス、ユーロモニター、スタティスタの調査結果を統合した結果とのこと。

データによると、ブラジル人は1か月あたりビールを平均6リットル消費し、ビールに対する1週間あたりの平均支出は46レアル、1か月の支出は184レアルだった。また、回答者の9%は週に101レアル以上をビールに支出していた。

ブランドでは最も売れているビールは「スコウ(Scol)」で、「ブラーマ(Brahma)」と「アンタルチカ(Antarctica)」が続いた。この3ブランドともアンべブ傘下のブランドだ。4位は「スキン(Schin)」、5位は「イタイパーヴァ(Itaipava)」だった。

国外ブランドの「ハイネケン」も人気のあるビールだが、クレディスイスの評価によると、在庫不足と価格の差(高価格)が売り上げに関係しているとのこと。

また同調査によると、ブランドが選別される理由の1番は「味」で、2番目が「価格」、3番目が「ビールのタイプ」だった。回答者の47%は、商品の容器は「ガラス瓶」を好み、「缶」を選択したのは39%だった。

最も多くビールを飲む国は中国、世界の消費量の27%を占めた。アメリカ合衆国は13%、ブラジルは7%だった。

データでは、世界で最も売れているビールは「雪花」で市場シェア:5.5%で、これに「青島」が続き、上位2位を中国のブランドが占めた。3位は「バドライト」、4位は「バドワイザー」だった。5位がブラジルの「スコウ」で市場シェア:2.1%だった。

(文/麻生雅人)

■関連記事
自然の多様性とボタニカルな魅力が香るサトウキビを原料とした ブラジル原産の蒸留酒「カシャッサ」
フットボールをテーマに展開する「pucca droowa」のブランド・フィロソフィー
リオ市のホベルト・ブルレ・マルクス園、ユネスコ世界遺産リストに登録される
三越伊勢丹のオンライン・シューズ・フィッティングサービス「YourFIT365 Trial」でメリッサの取り扱いがスタート
東京オリンピック男子サッカー決勝、ブラジルがスペインを倒し2連覇を飾る

このエントリーをはてなブックマークに追加