ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

グアリロバ農園(ミナスジェライス州)のスペシャルティ・コーヒー

コーヒー大国ブラジルには、これまで輸出する機会に恵まれていなかっただけで、優秀かつ高品質なコーヒーを生産している農家は、まだまだたくさん存在しているという。

ミナスジェライス州にあるコーヒーの名産地のひとつサント・アントニオ・ド・アンパーロ市にある、グアリロバ農園もそんななかのひとつ。この農場のコーヒーは、在日ブラジル人の一人が直輸入、日本での販売を可能にした。


続きを読む

ブラジルの新型コロナウイルスの1日当たりの新規の感染者数、6万5,339人。最多記録を更新

7月22日(水)に発表されたブラジル国内の新たな新型コロナウイルス感染者数は6万5,339人だったと国内のメディア各紙が伝えている。

1日あたりの新規の感染者数では、6月19日に記録した55,209人を上回り過去最多となった。

国内で感染者数が多かったのはサンパウロ州で、新規の感染者数は州で過去最高の16,777人だったという。


続きを読む

サンパウロで公園の再開、続々と

新型コロナウイルス感染拡大が止まらない中、7月20日(月)までにサンパウロ市内にある6つの州立公園が再開したと現地メディア「UOL」が伝えている。

再開したのはジューヴェントゥーヂ公園、オルト・フロレスタウ、ジェキチバー、ジャクイー、ビアシカ、ジャルヂン・エレナの6つの公園で、入園にはマスクの着用が義務付けられている。


続きを読む

ブラジルの新型コロナウイルス感染症による死亡者、8万人を突破

7月20日(月)、ブラジルの、新型コロナウイルス感染症による死亡者が8万人を超えたと現地メディア各紙が伝えている。

「オ・グローボ」によると、同国で新型コロナウイルス感染症による最初の死亡者が記録されたのが3月17日とのこと。

その後、同感染症によるブラジル国内の死亡者は、5月8日に1万人、5月21日に2万人、6月1日に3万人、6月11日に4万人、6月20日に5万人、7月1日に7万人を超えた。


続きを読む

ブラジルの先住民カヤポ族のリーダー、ハオニ氏が入院

ブラジルの先住民族カヤポ族のリーダーで、先住民の人権やアマゾンの環境保護などの活動家としても世界中で知られているハオニ(ラオニ)・メトゥクティル氏が7月16日(木)に入院したと、現地メディア「オ・グローボ」が伝えている。

ハオニ氏は1989年に英国出身のシンガーソングライターで熱帯雨林の保護活動家としても知られるスティングのワールドツアーに同行して、日本にも来日している。


続きを読む