ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

アナ・カランが来日。コットンクラブに初出演

ワールドワイドで活躍する(出身はサンパウロ州プレジデンチ・プルデンチ)シンガー・ソングライター、アナ・カランが6月に来日して、コットンクラブで公園を行う。

音楽一家に生まれ育ったアナは、ジングルの録音に参加するなど10代のころから音楽に関わるようになり、1982年ころから本格的にプロフェッショナルの音楽家として活動するようになった。


続きを読む

マリーザ・モンチが12年ぶりに来日。 「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン 2019」に出演

1967年以来、毎年7月にスイスで開催されている「モントルー・ジャズ・フェスティバル」の日本バージョンとして2015年にスタートした「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン」。

2015年から2017年まで恵比寿ガーデンホールで開催され、2018年は休催されたが、2019年から会場を日本橋に移して、装いも新たに再スタートする。


続きを読む

日本最大級のイタリアン・フェス「イタリア・アモーレ・ミオ!」、 2019年はブラジルと縁の深いヴェネト州をフィーチュア

5月21日(火)、駐日イタリア大使館で「イタリア・アモーレ・ミオ! 2019」の開催を発表する公式記者会見が行われた。

在日イタリア商工会議所(ICCJ)が主催する「イタリア・アモーレ・ミオ!」は日本最大級のイタリアン・フェスティバル。4回目を迎える「イタリア・アモーレ・ミオ! 2019」における観光プロモーションでは、ブラジルへのイタリア移民を19世紀末~20世紀初頭に最も多く輩出したヴェネト州にスポットが当てられるという。


続きを読む

講演「移民による、移民のための研究所 –サンパウロ人文科学研究所の歩みとブラジル日本移民史–」

JICA横浜 海外移住資料館では6月8日(土)、海外移住の日(6月18日)にちなみ、サンパウロ人文科学研究所とブラジル日本移民に関する講演会を開催する。

ブラジル日本移民によって移民のために創設されたサンパウロ人文科学研究所の歩みを、同研究所へ派遣された元JICA日系社会青年ボランティアの長尾直洋氏が語る。


続きを読む

ブラジルフェスティバル2019は7月20日(土)、21日(日)に開催。テーマは「Rio to Tokyo」

毎年開催される日本最大級のブラジル関連フェスティバル「ブラジルフェスティバル」(主催:在日ブラジル商業会議所)。

2019年は、7月20日(土)、21日(日)に東京・代々木公園で開催されることが関係者の証言でわかった。

2019年のブラジル・フェスティバルは、2016年にリオデジャネイロで開催されたオリンピック・パラリンピックが来年2020年に東京で開催されることを受けて、「Rio to Tokyo」をテーマに掲げて開催されるという。


続きを読む