ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

国内外のアーティストが参加するオンライン無料ジャズフェス、今年も4月30日(土)に開催。ジョイスも参加

“INTERNATIONAL JAZZ DAY”を祝い、毎年4月30日に開催されるオンライン・フェスティバル「JAZZ AUDITORIA ONLINE」(https://jazzauditoria.com/index.html)が今年(2022年)も開催される。


続きを読む

数々のレコードジャケットでも知られる画家エリファス・アンドレアットが死去

数々のレコードジャケットのイラストを手掛けたことでも知られるイラストレイター、画家のエリファス・アンドレアットが3月29日(火)未明、サンパウロでこの世を去った。76歳だった。現地メディア「TVグローボ」、「フォーリャ・ヂ・サンパウロ」などが伝えている。


続きを読む

ヒカルド・バセラール、気鋭ヴィオロニスタのカイナン・カヴァウカンチと“パラコスム”を創出

ブラジルのインスト界で活躍するピアニスト、ヒカルド・バセラールが5月28日(金)に新作アルバム「Paracosmo(パラコズモ)」を発表した。

アルバムタイトルのパラコズモ(パラコスムのポルトガル語)とは、明確な独自の地理・歴史・言語などが設定された、想像上に構築された世界。その説明では、子ども時代に想像の中で作り上げる世界、「ハリー・ポッター」シリーズの“魔法界”、「指輪物語」の“中つ国”などが例に挙げられることが多い。


続きを読む

ヴィニシウス・ヂ・モライスの手書き原稿や書簡など、デジタルアーカイヴで無料公開される

映画「黒いオルフェ」の原案となった戯曲の作者であり、「イパネマの娘」をはじめとする数々のボサノヴァの名曲の作詞者としても知られる、詩人・外交官・シンガーソングライターのヴィニシウス・ヂ・モライス (1913年~1980年)の生涯と作品のコレクションが収蔵された「ヴィニシウス・ヂ・モライス・デジタルアーカイヴ」(http://acervo.viniciusdemoraes.com.br)が、5月27日(木)に公開された。「アジェンシア・ブラジル」が伝えている。


続きを読む

【コラム】“タマリネイラの奇跡”の、その後

わたしのコラム 「普段着のサンバ、パゴーヂ ~よろこびの音楽をもとめてリオの旅」を読んでくださっていた方、みなさんQuanto tempo!(お久しぶりです!)Viviane(ヴィヴィアーニ)です。

最終回の「タマリネイラの奇跡」を書いたのが2018年9月末なのですが、その時にわたしはこう書きました。


続きを読む