• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

「ブラジルフェスティバル2017」は7月15日(土)、16日(日)に開催

ブラフェス 2017

日本とブラジルの交流イベント「ブラジルフェスティバル」(主催:在日ブラジル商業会議所)が2017年は、7月15日(土)、16日(日)に東京・代々木公園で開催されることが関係者の証言でわかった。

今年で12回目を迎えるブラジルフェスティバルは毎夏、盛大に開催され、国内外のアーティストたちがブラジル音楽やダンス、カポエィラなどの武術などを披露するほか、ブラジル料理、ブラジル関連グッズも販売される。

屋台では毎年、ブラジルの定番のソウルフードがずらりと並ぶ。日本にも定着しつつあるシュハスコ(シュラスコ)だけでも日本各地から複数の店舗が出店して、各店が焼き方を競い合い、自慢のシュハスコを披露する。また、レストランでは消防法の規制などによりガス火を利用している店も、この日は炭火でシュハスコを提供することができるため、有名店のシュハスコが炭火で焼いた本場のスタイルで味わえるのも、ブラフェスならではの楽しみだ。

シュハスコ以外でも、フランゴアッサード(ブラジル流の味つけをしたグリルチキン)、パステウ、リングイッサ、焼きチーズ、ポンデケイジョなどブラジルの定番フードが一堂に会する。

近年、本国でも人気が高まっているクラフトビールも、直輸入品が並ぶ。アサイーをはじめとするアマゾンフルーツを使った砂糖不使用ジュース、ココナッツウォーターなども、真夏の会場での人気アイテムだ。

メインステージのゲストアーティストはまだ発表されていないが、関係者によると国内でも人気の高いベテラン歌手と交渉が続けられているという。

(写真・文/麻生雅人)
写真は2016年の「第11回ブラジルフェスティバル」

■関連記事
「新宿サンバ・シュラスコフェス2017」、4月に開催
ムケッカ、マニソバなどの郷土料理が並ぶ「ブラジル美食祭」3月開催
「FOODEX2017」、ブラジルパビリオンでグルテンフリー食品や機能性食品、注目集める
「FOODEX JAPAN 2017」、華々しく開幕
シュハスコ(シュラスコ)食べ放題の起源から最新クラフトビール事情まで。ブラジルの食を知る本

このエントリーをはてなブックマークに追加