• MEGA★BRASIL 公式twitter
  • MEGA★BRASIL 公式facebook
ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルの食肉加工業最大手JBSにインサイダー取引疑惑

インサーダー ブラジル

現在、連邦警察の汚職捜査の渦中にあるブラジル食肉業界最大手企業、JBSに対して証券取引委員会も動き出した。

グローボ系ニュースサイト「G1」が5月19日づけで伝えたところによると、18日から19日にかけてブラジル証券取引委員会(CVM)は、JBSが行った5つの市場取引に関して調査手続きを開始したという。

調査事由はドル先物取引と株式売買におけるインサイダー取引を含む不正取引。CVMは調査対象となる取引の内容を発表した。

報告によると、JBS本体が行った取引以外にも、同社のオーナー、バチスタ一族の資産運用をまとめて行っているFBホールディングス(FB Participações)とグループ内企業であるオリジナウ銀行(Banco Original)の間の取引もCVMの調査対象になっているとのことだ。

CVMのウェブサイトによると、5月12日から17日の間にJBSによって行われた別の取引2件についても調査を開始したという。この2件の詳細は公表されていない。

18日から19日にかけて開始された調査の概要は下記の通り。

(次ページへつづく)

(文/原田 侑、写真/Rafael Matsunaga/Arquivo/Wikipédia)

■関連記事
ブラジルの食肉業界・贈収賄事件はなぜ起きたのか
カブラウ前リオ州知事、W杯などの公共工事関連の汚職容疑で逮捕
司法取引で、贈収賄関係者51人の政治家の実名が明るみに
ブラジルで、貿易手続き簡素化のための新システム稼働開始
ブラジルで清掃作業員のミスコンテスト開催

1 2
このエントリーをはてなブックマークに追加