ブラジルの新鮮なニュース、コラムを独自の目線から楽しくお届けします。もっとブラジルのことを知ってもっと好きになろう!

ブラジルには、社会的な問題を保守的に考える人が多い!?

中絶合法化問題

4.「レイプであっても中絶の合法化に同意しない」・・・44%

中絶の合法化に賛成するブラジル人は、たったの15%。回答者の約70%が、いかなる状況でも反対だと回答しているという。

レイプによる妊娠の例では、44%が中絶に賛成、44%が反対と、結果が分裂した。D、Eクラスの人々においては、レイプの場合でも中絶に反対する人が51%、いかなる状況でも反対する人が75%と、より中絶の合法化を嫌がる傾向にあるようだ。

年齢別では、25歳から34歳のブラジル人の若者は、賛成する人のほうが半数を超えたという。

(次ページへつづく)

(文/柳田あや、写真/Fernando Frazão/Agência Brasil)
写真は2015年5月28日、リオデジャネイロ市のプラッサキンジ。フェミニストのグループは、中絶が非合法であるために、やむなく安全ではない中絶や違法中絶で命を落とした女性がいる実例を紹介。中絶の合法化を訴える運動を行った

■関連記事
オスカー・ニーマイヤー設計のニテロイ現代美術館は本当に空飛ぶ円盤だった!?
宗家藤間流八世宗家・藤間勘十郎、サンパウロとリオで日本舞踊を上演へ
リオの打楽器集団モノブロコが、池袋ブラジル・ストリート・カーニバルの参加者オーディションを開催
ジュセリーノ・クビシェッキ大統領記念講堂が虹色にライトアップ
リオ発祥のビーチスポーツ、フレスコボール初の国内大会「フレスコボール・ジャパン・オープン2015」8月8日(土)、9日(日)に三浦海岸で開催

1 2 3 4 5 6 7
このエントリーをはてなブックマークに追加